ゴルフが発端の異性トラブルを防ぐ!気をつけること3つ

ゴルフをきっかけとして、異性トラブルに巻き込まれてしまうのは、とても残念なお話。紳士・淑女のスポーツと言われているだけに、ゴルフを通じた人間関係も爽やかに育めるのが理想だと考えている女性ゴルファーも多いでしょう。

しかし一方で、ラウンドをともにした人とは一気に距離感が縮まるために、予期しなかった異性トラブルを招いてしまうパターンも少なくありません。

メンタル心理カウンセラーの並木まきが、ゴルフをきっかけとした異性トラブルに巻き込まれないために、女性ゴルファーが気をつけたいことを3つに絞ってお話します。

1:2サムプレーはできるだけ避ける

イメージ/Getty Images

ゴルフをしたくても、タイミングによってはなかなかラウンドするメンバーが見つからないこともありますよね。そんな背景もあって、ゴルフ欲が高まっているときに男性からお誘いがかかれば、2サムであっても「ラウンドだけなら、特に問題ないかな?」「あの人なら、おかしなことにはならないだろうし」と気軽に応じてしまう女性も。

たしかに、純粋にゴルフを楽しみたいだけの男性との2サムプレーであれば何の問題も生じないのですが、現実的には下心のある男性にも“2サム好き”が多いために、女性側が健全な気持ちで誘いに応じていても、後々にトラブルになる話も珍しくありません。

異性トラブルを避けるのであれば、知り合って年月が経っていない男性との「2サム」は避けるに越したことはないでしょう。

2:露出の多いウエアは着ない

イメージ/フォトAC

ラウンドに行く前には、お互いに「友人」のつもりでいても、何かをきっかけに異性として意識しはじめるのも、男女間では比較的ありがちな展開です。

そのきっかけになりやすいことのひとつが、服装。ゴルフはスポーツなので、露出が高いウエアを着ていると、不意の動作によって親密ではない異性には見せないほうがいいパーツが強調されることもあり、これが不用意な恋愛感情の引き金にもなりがちに。

シングル同士で純粋な恋愛感情が芽生えるきっかけになれば、それはそれでハッピーな話ではあるものの、片方が既婚者、あるいはパートナーがいる立場だったり、恋愛関係にならないほうがいい関係性だったりすれば、後々に面倒な話になるリスクが潜みます。

「今日の同伴者とは、恋愛関係にはなりたくない」と思う日ほど、慎重にコーディネートを心がけると安心です。

3:お礼LINEにハートや思わせぶりな内容を入れない

イメージ/フォトAC

ラウンド後のお礼LINEは社会人としてのマナーでもありますが、その気のない相手に思わせぶりなメッセージをするのも、無用なトラブルを招くきっかけになりかねません。

特に気をつけておきたいのが、ハートの絵文字やスタンプ、「かっこいい」「素敵でした」などの思わせぶりなフレーズです。

女性側は単なる褒め言葉、または社交辞令のつもりで送信しても、そんなメッセージを受け取った男性側が勝手に勘違いをしてしまい、厄介な話へと進んでいくパターンも。

恋愛関係になりたくない異性へのお礼LINEは、勘違いをさせないよう、あえてのビジネスライクな文面を心掛けたほうが無難なのも間違いありません。

カップルが誕生したりビジネス上のいい関係が築けたりと、ゴルフをきっかけとして素敵な人間関係が生まれているのも確かながら、その反対に、ゴルフラウンドをともにしたことで面倒な関係ができてしまった……という話も、残念ながら少なくありません。

無用な男女トラブルはメンタルにも悪影響を及ぼしやすいうえに、共通の知人や友人であるゴルフ仲間を巻き込んでしまうこともありますよね。

紳士・淑女のスポーツを健全に楽しみたい女性ゴルファーなら、無用な勘違いを呼ばないよう、気をつけておくほうが賢明と言えるでしょう。

並木まき

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。