スタート直前、覚えておきたいゴルフのエチケット&マナー【ゴルフ初心者マニュアル】

“青空の下、密を避けて楽しめるスポーツ”として、今再び注目を集めているゴルフ。練習場やコースでも初心者の方を見かける機会が増えています。「この機会に、気軽にゴルフを楽しんでみたい!」と考えているなら、まずはReginaをチェック! スムーズなゴルフデビューをサポートする情報をお届けしていきます。

〈画像〉スタート前に注意すべきことは?

ゴルフはエチケットやマナーを大切にするスポーツ。他の人が打つときは静かにする、芝を削ってしまったら自分で直す…など、守るべきルールをシーンごとにチェックしていきましょう。

スタート前に確認したいエチケット&マナー

基本的なルールは覚えておこう

打数の数え方はもちろん、OBや池に入れたときの対処法くらいは聞かなくても自分で進められるように、ある程度は覚えておこう。

スタート時間に注意しよう

スタート時間より、早めに集合するのがマナーです。10分~15分前を目安に、カートに乗り、前の組に続いてティグラウンドの後方脇にスタンバイすること。ティグラウンドでは静かに。

素振りは何度もしない

ショットの素振りは1回が原則と心得よう。時間をかけて素振りをするのは、プレーのペースを遅らせることにつながります。プレーファストを守りましょう!

持ち歩くティやボールをチェック

ラウンドに必要なボール2~3個、マーカー、ティ(ロング/ショート)はボールポーチやポケットに入れて常に持ち歩くこと。自分の打つ番になってあたふたと探すのはNGです。

自分のボールの番号を確認

使用するボールのブランドと番号を確認し、他のプレーヤーに申告しよう。同じボールがあれば、ペンで印を付けるなどして、区別がつくようにします。誤球してしまうと、ルールでは2打罰が加わるだけでなく、同伴者にも迷惑がかかるので要注意!

スタート前のエチケット&ルールもしっかり守って、楽しくラウンドしましょう♪ 次回は、コース内での動作&マナーをご紹介しますのでお楽しみに!

この記事は、Regina PREMIUM 2014年度 別冊付録より再構成したものです。