2サムラウンドのお誘いを「断ったほうがいい」危険な男性のタイプ

異性のゴルフ仲間から2サムラウンドに誘われると、「OK」すべきかを迷う女性も多いですよね。意中の相手からのお誘いであれば手放しで嬉しいけれど、恋愛感情のない相手からの2サムは不用意にOKすると、あとあとに面倒な恋愛トラブルに発展するリスクも潜みます。気楽にお誘いに応じてしまって、不要なトラブルを持ち込んでしまえば、せっかくの楽しいゴルフの時間が、苦い思い出になることも……。

そこで今回は、メンタル心理カウンセラーの並木まきが、2サムラウンドに誘われてもできるだけOKしないほうが安全な男性のタイプを解説します。

関連リンク:コロナ禍で急増!?興味のない男性からの2サムデートへの断り方

合わせて読みたい:勘違いに注意!「打ちっぱなし」に誘う男性にありがちな脈なし心理

◆恋愛対象外の異性との2サムラウンドは危険…!

イメージ/フォトAC

ゴルフを始めたばかりのころやスコアアップを狙っているときには「できるだけ、ラウンドの回数を増やしたい」と考える女性ゴルファーも少なくありませんよね。そのため、恋愛対象ではないゴルフ仲間の男性から2サムラウンドに誘われたときにも、深く考えずに「OK」の返事をしてしまいがち。

しかし、こちらが恋愛感情を抱いていなくても、相手が恋愛感情を抱いているパターンも多く、複数人でのラウンドではなく、あえて「2サム」で誘ってきていることに深い意味が隠されている話も多いです。

自分に好意を寄せてくれている異性からの2サムラウンドに応じてしまうと、こちらは「単なるラウンド」のつもりでも、相手は「デート」のつもりであるケースも多いので、これがあとあとのトラブルに繋がる例も珍しくないのです。だからこそ、お誘いを受けるかどうかは慎重になっておくに越したことはありません。

続いては、特に気をつけたほうが確実な男性のタイプを見ていきましょう。

1:知り合ってから日が浅い

イメージ画像/Getty Images

知り合ってから日が浅いのに、女性を2サムラウンドに誘う男性には、遊び人タイプも珍しくありません。女性を誘うことに慣れているからこそ、出会ってから時間が経っていなくても、“ふたりきり”で何かをするシチュエーションに抵抗がないとも言えるでしょう。

こういった男性は、こちらが恋愛感情を抱いていなくても、「2サムをOKしたということは、押せばイケるかも……!」「意外と軽い女性っぽいな」などと勝手に勘違いして、グイグイと関係を縮めたがる人も少なくないのです。

こちらはその男性のことを単なるラウンド仲間のつもりでいても、いざその男性から気持ちを伝えられたときにその気はない旨を告げると「2サムデートまで行ったくせに、思わせぶりな女性だ!」「この前のラウンドはなんだったの!?」などと怒り出すパターンもあり、さらには、自分から軽々しく女性を誘ったことを棚に上げて、腹いせに良からぬ噂を流し始めるタイプもいるので厄介です。

2:過去に不倫経験がある既婚男性

イメージ/フォトAC

過去に不倫経験がある、あるいは不倫していたような噂がある既婚男性からの2サムラウンドのお誘いは、絶対にOKすべきではありません。こういった男性は時間とお金に余裕がある人も多く「ゴルフを教えてあげる」「プレー代を出してあげる」などと、言葉巧みに2サムラウンドに誘ってきますが「ラッキー」くらいの軽い気持ちでOKしてしまうと、あとで面倒な話に発展しがちです。

既婚者かつ過去に不倫をしている男性の多くは、女性とふたりきりになれるシチュエーションに持ち込んだあとは、自分勝手に不倫に誘ってくる人も少なくありません。また、相手の奥様に2サムラウンドに行ったことを知られれば、実際にはやましくなくても、妙な憶測のタネになりがちです。過去に不倫経験のある男性はもちろんですが、そうではなくても、よほど信頼できる相手でない限りは、既婚男性とのふたりきりのラウンドは避けるべきとも言えるでしょう。

◆良くも悪くも2サムは「長時間をふたりきりで過ごすシチュエーション」

どんな男性からであっても、2サムラウンドへのお誘いは、好意を抱いている相手ではない限りは、ある程度は警戒したほうが無難なのは確か。しかし一方で、シングル同士の異性間であれば、2サムラウンドをきっかけに急接近し、恋が芽生えるチャンスになっているのも現実でしょう。

男性から2サムに誘われた際には、誘いに応じたあとにどんな展開になりそうな相手なのかを慎重に見極めたほうが安心。良くも悪くも、異性とふたりきりで長時間を過ごすシチュエーションであることを心得ておきましょう。

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

◆Regina2020秋冬号をkindle版で読む!