ドライバーショットに不安がある人は一本足打法の練習が効果的!

現在ツアープロとして活躍中の林菜乃子プロ。今季はトップテン入りが5回と初シード獲得に向け、成長著しい姿を披露しています。身長154センチと小柄な林プロですが、パーセーブ率は86・6%と高い数字を残しています。堅実なゴルフスタイルはまさにアベレージゴルファーのお手本といってもいいでしょう。そこで、スコアメイクに必要な12個のエッセンスを林プロに紹介してもらいます。

第6回はドライバーショットの効果的なドリルです。

林菜乃子プロ

林菜乃子プロのレッスンをもっと見る!

お悩みポイント→ドライバーショットのいいときと悪いときの差がありすぎる

お助けポイント→トップで“間”をつくるイメージを持ちましょう!

ドライバーショットが当たったときは、フェアウェイをとらえ、飛距離も稼げるのに、失敗するとフェアウェイにも届かないチョロやOBゾーンまで曲げてしまうという悩みを持つ人がいます。人によって原因はいろいろあると思いますが、私が見る限り、スイングリズムがバラバラな人に多く見られる傾向ですね。

自分なりのタイミングでクラブを下ろしたときはナイスショット、タイミングが合わなかったときはミスショットという感じでしょうか。逆に、常にゆったりとしたリズムでスイングしている人はショットの内容も安定しています。

それでは、どうしたら常にゆったりとしたリズムでクラブを下ろせるのでしょうか。その答えはトップでの“間”にあります。トップで一瞬動きを止めるぐらいの“間”があると、右足にしっかり体重が乗るだけでなく、ダウンスイングからインパクトにかけて自然な流れで左足に体重を移動できます。その動きがいいリズムを作り出すわけです。

実は私も以前はボールにクラブヘッドを当てたい気持ちが強く、必ずしもトップで“間”ができていませんでした。その結果、バックスイングで右足に体重を乗せ切る前に、ダウンスイングが始まり、上体が目標方向に突っ込んだり、ヘッドアップにつながっていたんです。それが、トップをつくることを意識するようになってから、スイングリズムが一定になり、ドライバーショットが安定してきました。

まずは、トップで“間”をつくるイメージを持つこと。それが安定したドライバーショットを打つための近道だと思います。

ドライバーショットに不安がある人は一本足打法の練習が効果的! 画像①

トップでは右足股関節の上に上体がしっかり乗り、一瞬止まるような“間”ができると、ダウンスイングからインパクトにかけて、上体が目標方向に突っ込むこともなければ、ヘッドアップもしなくなります

お悩みポイント→なかなかトップで“間”をつくることができない

お助けポイント→バックスイングで左足を上げるステップ打ちがおススメ!

トップで“間”をつくるといっても、最初は難しいかもしれません。そこでお勧めなのが、『ステップ打ち』です。具体的に説明すると、バックスイングの際、左足を上げながら体を回し、トップでは完全に左足が上がった状態になります。ダウンスイングは左足を着地する動きと同時にクラブを下ろし始める感じです。あとはフィニッシュまで一気に振り抜きましょう。

通常のスイングでは右足に体重を乗せ切れない人でも、左足を上げることで右足に体重が乗りやすくなります。このとき、右足股関節の上に上体が乗っているイメージを持ちましょう。さらに、左足を着地する動きを行うことで、自動的に左足に体重が乗っていきます。

実際にボールを打ちますが、飛距離や方向性にこだわる必要はありません。あくまでも体重移動とトップで“間”をつくること、スイングリズムを一定にすることが目標です。ボールはフェースに当たれば十分という程度に考えましょう。

ドライバーショットが安定しない人は、バックスイングで左足に体重が乗り、ダウンスイングでは右足に体重が乗るという、ギッタンバッコン的なスイングになりがちです。このドリルを行えばその悪癖も修正できます。なかなか右足に体重を乗せられない人は、トップでスイングを一度止めてもいいでしょう。

ラウンド中でもドリルは行えます。ボールを打つ前の素振りで、左足を上げてみましょう。この『ステップ素振り』でも十分効果があります。右足股関節の上に上体を乗せた形でタイミングをとるんだという意識づけをするのがポイントです。

ドライバーショットに不安がある人は一本足打法の練習が効果的! 画像②

トップでは完全に左足を上げ、右足に全体重を乗せましょう

ドライバーショットに不安がある人は一本足打法の練習が効果的! 画像③

左足を着地させてからダウンスイングを始めるイメージです。

ドライバーショットに不安がある人は一本足打法の練習が効果的! 画像④

ダウンスイングでは左足に体重移動を乗せていきますが、トップで“間”をつくったことでスイングリズムが安定します

ドライバーショットに不安がある人は一本足打法の練習が効果的! 画像⑤

フィニッシュまでしっかり振り抜きましょう

撮影/村上悦子 取材・文/山西英希 取材協力/太平洋クラブ御殿場コース、チームセリザワゴルフアカデミー

◆教えてくれたのは…

林菜乃子プロ はやし なのこ/1997年生まれ。神奈川県出身。ユピテル所属。現在ツアープロとして活躍中。今季はトップテン入りが5回と初シード獲得に向け、成長著しい姿を披露。身長154センチと小柄だが、パーセーブ率は87・1%と高い数字を残す。