森田理香子直伝「20ヤードは伸ばせる! 体を使って振りやすい構え」

ツアー通算7勝を挙げ、2013年には賞金女王となった森田理香子プロ。ツアーでも屈指の飛ばし屋として活躍していました。体を使ったスイングをすることで20ヤードの飛距離アップは可能という森田。前回は振る感覚を養うドリルを教えてくれましたが、今回は、体を使ったスイングをしやすい構えを紹介してくれます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A.jpg
森田理香子プロ

森田理香子プロ直伝のレッスンを見る!

棒立ちぎみに立てば、体を使って振りやすい

プロゴルファーのスイングを見ていると、アドレス(構え)の形はさまざまですよね。しかし、構えは何でもいいというわけではありません。スムーズに振りやすい形はあります。逆に、いいスイングをしているのにアドレスによっては、狙ったところにボールが飛ばなかったり、飛距離が出ないこともあります。いいアドレスをしていれば、スイングを変えなくても飛距離が伸びたり、ミスを減らすことができるのです。たかが構えですが、飛距離アップやスコアアップには欠かせない大事な要素。構えを見直すだけで、ショットが劇的に変化するかもしれません。それに見た目もかっこよく、美しくなりますよ。

私がアドレスで重要視するのは、腕や上体の脱力感です。飛ばしたいと思うと腕に余計な力が入って、手先の力に頼ってしまいます。上体を脱力することで下半身や体全体の力を使ってスイングできます。上体を脱力するポイントは、棒立ちです。突っ立った状態から上体を軽く前傾させて、両ヒザを軽く曲げるだけでOK。腕をブラブラと脱力した形を作りやすくなります。両ヒザを深く曲げると、クラブを上から押しつける形になって腕に力が入ってします。ヒザを曲げてどっしり感を出すという考え方もありますが、上体に力が入りやすくなるので、注意しましょう。

森田理香子直伝「20ヤードは伸ばせる! 体を使って振りやすい構え」 画像①

高い椅子に座っているように棒立ちぎみに構えると腕を脱力しやすく、体をスムーズに回転しやすくなる

森田理香子直伝「20ヤードは伸ばせる! 体を使って振りやすい構え」 画像②

膝を深く曲げるとクラブを押しつける形になって上体や腕に力が入りやすく、手打ちになりやすい。またカカト体重になって下半身の使えないスイングになりやすい

内股はNG! 両ツマ先を開いて指で地面をつかむ

体を回転させやすい形として、ツマ先の向きも大切です。女性に多いのですが内股で構えると、体が回転しにくくなってしまいます。両足のツマ先は自分から見て逆ハの字になるように両ツマ先を開くと、体は回りやすくなります。そして、シューズの中での話しですが、両足の指で地面をつかむ感覚があると下半身が使いやすくなります。カカト側に体重が乗っているとつかむ感覚が出しにくくなるので、足の真ん中や母指丘あたりに体重が乗せましょう。棒立ちぎみで指先で地面をつかむ意識を持つと、下半身や体全体を使って振りやすい構えになります。

森田理香子直伝「20ヤードは伸ばせる! 体を使って振りやすい構え」 画像③

内股で構えると体をスムーズに回転しにくくなる

森田理香子直伝「20ヤードは伸ばせる! 体を使って振りやすい構え」 画像④

両ツマ先をハの字で開いて構えると体が回りやすくなる。靴の中では、指先で地面をつかむと下半身を使ってスイングしやすくなる

森田理香子プロフィール

もりた・りかこ/1990年1月8日生まれ、京都府出身。ツアー通算7勝。2008年にプロ入り。10年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」でツアー初優勝。13年には年間4勝を挙げ、23歳で賞金女王に輝いた。18年を最後にツアーから撤退し、現在はゴルフウェアのプロデュースや、ゴルフ中継の解説などで活躍している。スイングの動きを見直したら、ドライバーの飛距離は現役時代より10ヤード伸びたという。

撮影/福田文平 取材・文/小高拓