「地味…のっぺり…」女性ゴルファー残念ファッション撲滅作戦!「ホワイトコーデ」はこう着る!

普段と違うおしゃれができるからゴルフファッションって楽しい♪ でもちょっと待って! いざ着てみると、「こんなはずではなかったのに…」という経験ありませんか? 個性的なデザインが多いゴルフウェアは、さじ加減を間違えると、たちまち残念なスタイルに…。コーディネートのコツをつかんで、おしゃれに磨きをかけましょう!今回のテーマは、「ホワイトコーデ」。うまく着こなせば、スポーティで爽やかな印象になりますが、「地味、のっぺりしている」という失敗例も。かっこいいホワイトコーデをマスターしましょう!

イラスト/小豆だるま

ホワイトコーデが残念ファッションになる原因は?

清楚、清潔感、女性らしい、かっこいい—数々のポジティブなイメージを持つ白ですが、無機質な色だけに着こなしに差がつきます。とくに全身を白でまとめた「ホワイトコーデ」は一歩間違えるとのっぺりした印象になってしまう難易度の高いコーディネートです。上手に着こなすためのポイントは、差し色を加えて立体感を出すこと。また、透け感や変形アイテムなど、ディテールにひと工夫を。ベーシックなデザインでまとめると、ただの地味な人になってしまうので、トップスやボトムスの形にこだわってみて。

【おしゃれコーデはこれ!】シースルーアウターやバルーンスカートで変化球を

 撮影/小林美菜子 

シースルーのパーカ、ジラフ柄のバルーンスカート、イエローの小物使いなど、一つひとつにこだわりを感じさせるアイテムを駆使した立体感のあるホワイトコーデ。パーカのパイピングや中に着たグレーのインナーなど、無彩色を上手に取り入れてメリハリを出しましょう。
パーカ¥38,500(ランバンスポール/デサントジャパン) モックネック¥9,680、スカート¥14,300、サンバイザー¥3,960(共にニューバランス/TSI ニューバランス ゴルフ 事業部)バッグ¥7,040(マスターバニーエディション) シューズ¥14,300〈編集部調べ〉(アディダス ゴルフ/アディダスジャパン)