「若作り、イタイ…」女性ゴルファー残念ファッション撲滅作戦!「花柄ミニスカート」はこう着る!

普段と違うおしゃれができるからゴルフファッションって楽しい♪ でもちょっと待って! いざ着てみると、「こんなはずではなかったのに…」という経験ありませんか? 個性的なデザインが多いゴルフウェアは、さじ加減を間違えると、たちまち残念なスタイルに…。コーディネートのコツをつかんで、おしゃれに磨きをかけましょう!今回のテーマは、「花柄ミニスカート」。女性らしい華やかな着こなしができますが、子供っぽくなって、イタイ結果になってしまわないように気をつけたいところです。

イラスト/小豆だるま

花柄が残念ファッションになる原因は?

可愛いものからエレガントなものまで、花柄アイテムには幅広い種類があります。配色や花の種類によってもイメージは大きく変わりますが、ミニスカートそのものが若い印象を与えるので、1歩間違えると、「若作り、イタイ…」と思われてしまう危険性も。そうならないためになるべく避けておきたいのが、「多色使い」、「淡色」、「フレア」。比較的コントラストの強い配色、色や花の形が統一されているものを選ぶと大人っぽい印象になります。またトップス選びも大きなポイント。グレーやカーキなど、辛口テイストのトップスで甘さを軽減しましょう。

【おしゃれコーデはこれ!】グレー×深いレッドで重すぎないシックが素敵

 撮影/小林美菜子 

夏の終盤から秋の始まりにかけては、パキッと鮮やかな色よりコクのある色が気分。深みのあるレッドが大人っぽい花柄スカートには、グレーのトップスを合わせて、エレガントに。
スカート¥10,120(クランク/FDR カスタマーサービス) ポロシャツ¥19,800(ホーンガーメント/キューブ) サンバイザー¥9,350(アルチビオ/ビキジャパン) シューズ¥12,650(スケッチャーズ/スケッチャーズジャパン) ヘッドカバー¥11,000(シェルボ/グリップインターナショナル)