「つ、つよそう…」女性ゴルファー残念ファッション撲滅作戦!「カーキアイテム」はこう着る!

普段と違うおしゃれができるからゴルフファッションって楽しい♪ でもちょっと待って! いざ着てみると、「こんなはずではなかったのに…」という経験ありませんか? 個性的なデザインが多いゴルフウェアは、さじ加減を間違えると、たちまち残念なスタイルに…。コーディネートのコツをつかんで、おしゃれに磨きをかけましょう!今回のテーマは、「カーキアイテム」。誰もが持っている定番カラーですが、取り入れ方を間違えると、強そうなイメージになりがち。軽快にかつおしゃれに見せる着こなしをご紹介します。

イラスト/小豆だるま

カーキアイテムが残念ファッションになる原因は?

カーキ自体は難しい色ではありません。むしろ、コーディネートがしやすく、年齢や体形を選ばない定番カラーです。ナチュラルな着こなしもできますが、ゴルフファッションとしてはちょっと物足りない…ならば、ミリタリー調コーデを楽しむのも一つの手。でも、やりすぎは禁物です。サングラスがあろうものなら、「男らしい」、「強そう」というイメージを与えてしまいます。ホワイトや明るいイエローなどを取り入れて抜け感をつくると、カーキの重みを払拭し、爽やかなカジュアルコーデが完成します。

【おしゃれコーデはこれ!】アースカラーを駆使したアウトドアカジュアル

 撮影/小林美菜子 

スカートとキャップでカーキを取り入れて、アウトドア風に仕上げたカジュアルコーデ。明るいイエローのポロシャツと白のブルゾンを肩掛けして、明るい印象に。自然の景色になじむ秋めいた配色は、これからの季節に最適です。ポロシャツ¥12,650(アドミラルゴルフ/ヤマニ) ブルゾン¥18,700、スカート14,300(共にニューバランス/TSI ニューバランス ゴルフ 事業部)サングラス¥18,040(オークリー/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) キャップ¥9,350(ランバン スポール/デサントジャパン) バッグ¥5,500(ビームス ゴルフ/ビームス&ウィンズ有楽町) シューズ¥14,300〈編集部調べ〉(アディダスゴルフ/アディダス ジャパン)