【小鯛竜也プロが教えてくれる】花道からのアプローチでチャックリしないためのポイント【スイングのコツ2】

ライもいいグリーン手前の「花道」から、アプローチが突然チャックリ…。かっこ悪いし、次に同じ状況になると、またミスしそうで怖い。そんな状況を克服するために、小鯛竜也プロにレッスンしていただきました!

今回は、スイングのポイントを画像で解説。ぜひチェックしてくださいね!

バックナンバーもチェック! 【小鯛竜也プロが教えてくれる】花道からのアプローチでチャックリしないためのポイント

◆画像で解説!【チャックリしないアプローチ】スイングのコツ

【1】肩と腕でできる三角形を崩さない

両ワキを適度に締めて動かすと、肩と腕でできる三角形をキープしたまま手首を使わずに打てる

手首を使って打つとヘッドの入り方が一定しないためチャックリやトップが出やすい

【2】ゆっくり同じスピードでスイング

ボールをヒットする意識は無くし、ゆっくり体をターンさせる。切り返し以降が早くなりがちなので、バックスイングと同じスピードでスイングしよう

◆ピンまで距離があったら9番、エッジやカラーならUTを使いましょう

9番アイアン

アドレスはSWの場合と同じ。バンスがない分、ボールをクリーンに打つイメージを持つが、ソールはしっかり滑る

5センチくらい短く持ちます

ユーティリティ

クラブを短く持ってボールの近くに立ち、パターのイメージでアドレス。ストロークもパット同様に左右対称の振り子運動で打つ

右手はシャフトを持ちます

◆教えてくれたのは…

小鯛竜也プロ 1990年生まれ。

17歳でプロに転向。2017年に「マイナビABC」でツアー初優勝。

トータルバランスの高いゴルフが身上の人気中堅プレーヤー。

ALBA TROSS-VIEW 790号掲載 写真/田中宏幸 構成/岸和也 取材トーナメント/三井住友VISAマスターズ

おすすめの記事