森田理香子直伝「打ったら右足を一歩前に出せば、必ず飛距離は伸びる」

ツアー通算7勝を挙げ、2013年には賞金女王となった森田理香子プロ。ツアーでも屈指の飛ばし屋として活躍していました。体を使ったスイングをすることで20ヤードの飛距離アップは可能という。体を使ったスイングの動かし方を紹介してくれました。

森田理香子プロ直伝のレッスンを見る!

アドレスから始動30センチはヘッドを低く上げる

ゴルフのレッスンを習っていたり、レッスン動画や記事を見たことのある方は、“体を使って振る”というフレーズは聞いたことがあると思います。「体といってもたくさんあるので、どの部分を使うのですか?」とよく聞かれます。手先ではなく体の大きな筋肉を使って振るということなので、結論からいえば、体を回転させるために自分が意識しやすい部分で構いません。

私の場合は、お腹(おヘソ)です。アドレスからスイングの動き出し、テークバックはお腹を右に回して、ダウンスイング以降も回したお腹を戻して、目標方向に向ける意識でスイングしています。ただ、お腹を意識できない方も当然いると思います。そういう方は、「背中を回す」意識だったり、「テークバックは右肩を後ろに引き、ダウンスイングは左肩を引く」、もしくはズボンの右後ろのポケットを引っ張られる感覚で右腰を後ろに引く意識でテークバックするなど、自分が意識しやすい場所を試して見つけてください。

スイングは意外と動き出しは大切です。テークバックの時点で手先を使うと、途中から体を使って振るのが難しいもの。テークバックの始動の段階で体を使って行えると、最後まで体を使ったスイングをできる確率は高くなります。ポイントとしては、テークバックの時に、ボールから30~40センチ先までヘッドが地面を這うように低く上げてください。手先を使う方は、ヘッドがひょいと高く上がってしまいます。自分なりの体の部位を意識しながら、ヘッドを低く長く上げることで、手先を使わずに体を使った始動ができます。

手先に頼らず体を使ってスイングをするには、体の大きな部分を意識して体を回すのがいい。森田プロはお腹を回す意識で体使ったスイングを行っている

お腹を意識できない人もいるので、自分が意識しやすい部分でいい。ズボンの右後ろのポケットを引くように腰を回したり、右肩を後ろに下げるなど、自分に合ったところを探すといい

アドレスから30~40センチはヘッドが地面を這うように低く上げる意識だと体を使って上げられる。手先を使うとヘッドは早く上がってしまう

早めに腰を回して左足に体重を乗せる

始動で体を使って上げられたら、次はダウンスイングの動きが大切です。体を使ったスイングのできていないアマチュアの方は、トップスイングからダウンスイングに入る切り返しで、手先や上体からクラブを下ろしています。そうするとスライスの原因でもあるカット軌道になったり、下半身の力を使えずにボールに大きな力を伝えられません。

テークバックで体を回転しやすい部位を意識して上げたら、切り返しは軽く左足を踏み込んでから、自分が意識する部位を回し戻します。私の場合、お腹なので、お腹を目標方向に向けるようにしています。ここでポイントなのは、フォロースルーです。インパクトからフォロースルーにかけて、腰を回してしっかり左足に体重を乗せていくことで、ボールに大きな力を伝えられます。ボールを打ったら、目標方向に右足を一歩出す感覚です。そうすれば体全体を使って回転できるので飛距離アップできます。

飛距離不足の方は、インパクト時に右足の裏が地面から浮かない、いわゆるベタ足の方が多いです。これでは下半身の力を使えていません。インパクト時には右腰がボールの正面に来るぐらい回っていると力を出せます。この時点で地面を蹴っています。曲げたくないとか、上体で打っている人は下半身が止まりがちですが、下半身が動かないとボールは飛ばないので、思い切りの良さは必要ですね。以前にもお話しさせていただきましたが、クラブの重さがあると手先や上体に力を入れて振ってしまいます。クラブを逆さにしてヘッド側を持って、体の動きを意識して素振りをすると、効果的です。

左足を踏み込んで切り返したら、ボールを打ったら右足を一歩前に出す感覚で振る。ダウンスイングからしっかり腰が回って、下半身の力も使えてボールに大きな力を伝えられる

森田プロのスイング。インパクトの前には右腰が正面を向いているぐらい回している。地面も蹴っている。この時点でベタ足だと飛距離は出ない

森田理香子プロフィール

もりた・りかこ/1990年1月8日生まれ、京都府出身。ツアー通算7勝。2008年にプロ入入り。10年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」でツアー初優勝。13年には年間4勝を挙げ、23歳で賞金女王に輝いた。18年を最後にツアーから撤退し、現在はゴルフウェアのプロデュースや、ゴルフ中継の解説などで活躍している。スイングの動きを見直したら、ドライバーの飛距離は現役時代より10ヤード伸びたという。

撮影/福田文平 取材・文/小高拓