【タイプ別診断法】体重移動系はスリ足ドリルでスエーしない

足の力が使えれば、もっと楽に飛ばせるはずなのに…。でも、「足で打つ」という感覚がいまいちわからない方、多いのではないでしょうか?自分に合ったフットワークを学べば、足の使い方を体感できるし、さらにドライバーショットの飛距離も稼げるんです。

左足で強く踏み込む体重移動系の起こしがちなミスは左右へのスエー。これを抑えることができれば、振り遅れることもなくなり飛距離も伸びるという。今回は有効なドリルについて解説していきます!

前回の記事:【タイプ別診断法】ジャンプ系は上下運動で飛距離10Yアップ!

◆ステップ打ちはスエーしやすい

アマチュアの約6割がこの体重移動系で、体重移動を意識しすぎて左にスエーして振り遅れる人が数多くいます。そういう人にオススメしたいのが、テークバックで左足を右足に少し引き寄せ、左足を滑らせるようにしながら踏み込んで打つ「スリ足ドリル」です。

このドリルを紹介すると、1本足からのステップ打ちと勘違いする人がいますが、ステップ打ちだと左足で大きく踏み込んでスエーを生み、振り遅れがち。なので、切り返し以降は、それほど足を上げずに左足を踏み出すのがポイント。そうすれば、両足の幅で体重移動する感覚がわかるので、スエーを防ぐことができます。

また、トップで右足の上に頭を移動させないこともポイント。トップでの体重の乗せすぎがスエーを生むことになるので、できるだけ右ヒザはアドレスの形をキープして、トップでも頭の位置は右足の内側に来るようにしましょう。

バックスイングで右サイドに大きく体重移動をしようとすると、右腰が右に流れ、頭も右足線上に。この形になると右へのスエーに

トップでも右足はアドレスの形をキープ。そうすれば頭が右に動きすぎず、左への体重移動もスムーズになるので、スエーも防げる

◆【ポイント】胸は右に向けて切り返す

スリ足ドリルでは胸を右に向けたまま左足で踏み込むように意識しよう。上体が開いてしまうと、カット打ちのミスにつながる

◆【注意!】左の壁が崩れてクラブが寝てしまう

体重移動系に多いのが左へのスエー。これでクラブが寝てしまい、フェースが開いたままインパクトを迎える原因になる

関連リンク:【石井忍が教える】ティを低くして飛距離UP!アマチュアは“軸”に注意

◆教えてくれたのは…

石井 忍 いしい・しのぶ/74年生まれ。千葉県出身。98年プロ入り。その後プロコーチに転身し、数多くのプロを指導。現在、エースゴルフクラブ(千葉市・神保町・赤坂)を主宰

.

ALBAドライバー・アイアン・アプローチぜんぶ女子プロに教わろう! 2021年版掲載 編集/島村涼 撮影/相田克己 岩本芳弘 上山敬太 佐々木啓 鈴木祥 近澤幸司 福田文平 村上航 米山聡明 Getty Images

◆この記事をもっと読むなら!

◆Regina2021春号絶賛発売中!