【タイプ別診断法】ジャンプ系は上下運動で飛距離10Yアップ!

足の力が使えれば、もっと楽に飛ばせるはずなのに…。でも、「足で打つ」という感覚がいまいちわからない方、多いのではないでしょうか?自分に合ったフットワークを学べば、足の使い方を体感できるし、さらにドライバーショットの飛距離も稼げるんです。今回は足圧が測定できる機器を使ってさらに詳しく分析していきます!

今回は、ジャンプ系の人が飛距離を伸ばすためのドリルを教えてもらいました!両手をミゾオチに押し当てる「上下体操」をすれば、飛距離アップはもちろん、伸び上がりのミスも防げます。

前回の記事はこちらから:【タイプ別診断法】自分に合った打ち方で飛距離アップしよう!

◆上下体操をすれば両足の蹴りが強くなる

ジャンプ系の人が飛距離を伸ばすのに有効なのが、「上下体操」です。ミゾオチ付近で両手を組んでシャドースイングをするドリルで、重心を意識することで、軸をキープしながらジャンプするコツを覚えられます。

ポイントは、ダウンで胸を右に向けたまましゃがむこと。上体が開くと伸び上がりを誘発します。大里プロはこのダウンのしゃがみ込みが小さいため両足の蹴りが弱かったのですが、一度しゃがめば両足の蹴る力も強くなり、飛距離アップできます。このタイプのスイングは伸び上がりに要注意。「上下体操」でしゃがんでジャンプする動きを体感して、前傾角を保ちましょう。

◆インパクトで背中は丸く

上下体操する際にインパクトの状態に注意しよう。ジャンプして背中を丸くすると前傾角は保ちやすくなり、伸び上がりを防げる。また、ジャンプ系で多いのは、ダウンでしゃがまずに伸び上がるミス。アーリーリリースを生んでしまう

【ポイント1】左尻を後ろに引いてジャンプする

体の左サイドでクラブを振り下ろすイメージで左尻を引き、左ヒザを伸ばす。そうすれば前傾角度をキープしたまま叩ける

【ポイント2】ハーフショットでしゃがんでから打つ

ハーフスイングのイメージでクラブを上げ、トップでしゃがんでジャンプして打つ。このジャンプのタイミングを覚えれば、伸び上がりが防げる

大事なのは、ダウンで胸を右に向けたまましっかりしゃがむこと。下半身リードで切り返せて、両足で蹴れる土台を作ることができる

ヘッドスピードが41m/s→42m/sに、飛距離も11Yアップ。「ジャンプアップすることで球が強く押せて、飛距離アップできました」(大里プロ)

関連リンク:【大里桃子プロ連続写真】 長身を生かした高いボールで飛ばすスイングを解説!

◆教えてくれたのは…

大里桃子 おおさと・ももこ/98年生まれ。熊本県出身。18年はプロ入会からわずか23日で初優勝。19年は優勝こそなかったが、2年連続でシード権獲得した。今季2勝目を狙う

石井 忍 いしい・しのぶ/74年生まれ。千葉県出身。98年プロ入り。その後プロコーチに転身し、数多くのプロを指導。現在、エースゴルフクラブ(千葉市・神保町・赤坂)を主宰

ALBAドライバー・アイアン・アプローチぜんぶ女子プロに教わろう! 2021年版掲載 編集/島村涼 撮影/相田克己 岩本芳弘 上山敬太 佐々木啓 鈴木祥 近澤幸司 福田文平 村上航 米山聡明 Getty Images

◆この記事をもっと読むなら!

◆Regina2021春号絶賛発売中!