腕力を使わず肩のタテ回転で手元を上げると飛びも正確性もアップする!

今後も期待のかかる若手女子プロにスポットを当てます。今回は、ショット力を武器に戦う松田鈴英プロです!女子ツアー屈指のショット力を誇る松田プロ。手元の高いトップをつくることが飛ばしのコツとのことですが、腕を上げるのではなく肩をタテに回す意識を持っているそうです。

合わせて読みたい:【松田鈴英プロが女性ゴルファーに教えてくれる】女子プロは背中で打つから曲がらない【ドライバーで絶対フェアウェイキープ!】

合わせて読みたい:【飛ばしたいなら今日からやろう】飛距離アップドリル&ストレッチ【河本結プロが女性ゴルファーに教えてくれる】

◆左肩が下がれば手元は勝手に上がる

バックスイングで大切なのは、手先を使ってクラブを上げないこと。腕の力に頼らず、体をしっかり回すことでスイングが安定し、ショットの正確性がアップします。でも、これだけでは方向性はよくなっても飛距離を伸ばすことはできません。飛ばすためには手元の高いトップをつくる必要があります。

正確性をキープしたまま飛ばすために、私が意識しているのは肩をタテに回してバックスイングすることです。左肩が地面を指すようにしっかりと胸や肩を回すことで、腕の力に頼らなくても、自然に手元が高いトップをつくることができます。

【ポイント1】母指球体重で前傾姿勢キープ

母指球に体重を乗せてアドレス。バックスイング中も、カカトに体重が乗らないように注意しよう。カカトに体重をかけるのはNG。体が起き上がりやすくなります。

【ポイント2】胸を回しながら左肩を下げる

左肩が地面を指すように、しっかりと胸を回す。バックスイング中に左肩が浮くと、高いトップをつくるために腕に力が入ってしまう。腕の力でクラブを上げると、軸が傾いたり、リキミの原因に。方向性が著しく落ちるスイングになってしまいます。

【ポイント3】左ヒザは飛球線側に動かす意識

バックスイングでは左ヒザにも注意。内側に動くと軸ブレの原因になる。左ヒザを飛球線方向に動かすイメージでバックスイングすると、左ヒザが流れなくなる。

◆教えてくれたのは…

松田鈴英 まつだ・れい/98年生まれ、滋賀県出身。昨シーズンは、ドライビングディスタンス3位(253.41y)の飛距離とパーオン率6位(74.4553%)のショット力を武器に賞金ランキング32位に。2年連続で賞金シードを獲得

.

ALBAドライバー・アイアン・アプローチぜんぶ女子プロに教わろう! 2021年版掲載 編集/島村涼 撮影/相田克己 岩本芳弘 上山敬太 佐々木啓 鈴木祥 近澤幸司 福田文平 村上航 米山聡明 Getty Images

◆この記事をもっと読むなら!

◆Regina2021春号絶賛発売中!