【飛ばしたいなら今日からやろう】飛距離アップドリル&ストレッチ【河本結プロ】

黄金世代唯一の現役女子大生。米国ツアーも参戦予定! もっと知りたい! 河本結プロ【1】

河本結プロの大きな武器となっているのがドライバー。今回は飛距離アップのドリル&ストレッチをご紹介します。

◆もっとカラダを鍛えて飛ばす楽しみを味わって

ゴルフはパットも大事ですが、ドライバーもかなり重要。飛んで曲がらなかったら、強い武器になります。ただ、女性は力がないのでドライバー負けしがち。飛ばしたいならもっとカラダを鍛えた方がいいと思います。私はいつも、ヒマをみつけては、どんな場所でもトレーニングしているんですよ。

ラウンド後半、カラダがブレないためにも基礎体力は大事です。しっかり鍛えて、最高のドライバーショットを手に入れてください。

◆飛距離アップドリル【1】腹筋を鍛える

飛距離アップには、地面を蹴る力をつけることも大切です。私がやっているのは、片足ずつのスクワット。母指球でしっかり地面をつかみ、お尻の筋肉でカラダを上下させます。腹筋も使うので、同時に鍛えられますよ。

①両手を交差させて胸にあて、片足をあげて直立する。体重は土踏まずに乗せる

②ヒザの位置を変えずに、お尻の筋肉を使ってカラダを上下する。母指球でしっかり地面をつかむイメージをもとう

◆コレはNG!

お尻の筋肉を使わないと、ヒザが前に出て、カラダが倒れてしまう。これでは効果なし。どこの筋肉も鍛えられない

◆飛距離アップドリル【2】FWでティアップ

FWでドライバーと同じ高さにティアップして打つ練習。ヘッドが小さいFWできれいに打てるようになれば、ドライバーが自然と上達します。

ティの高さだけでなく、アドレスも、ボールの位置も、スイングもドライバーと同じ状況で練習しよう。ボールをきれいに打てるようになればOK。フェースの向きも意識できるようになります。

◆コレはNG!

トップしたり(写真上)、ボールの下をくぐったり(写真下)。ヘッドが小さいぶん、きちんとスイングできていないとうまく打てない

◆朝イチからぶっ飛ばせるストレッチ

朝イチからコンディションのいい状態でティショットを打つために、私がいつもやっているストレッチです。ラウンド中も有効ですよ。

①クラブを回す

リラックスして片手でクラブを持ち、手を真っすぐ前に伸ばしてクラブを左右に回す。手首、腕、肩甲骨の可動域が広がる。下の写真のようにヒジを曲げないよう注意

◆コレはNG!

②胸椎を伸ばす

朝イチは肩が前に丸まりがち。そのままスイングするとミスになるので、胸椎を伸ばすストレッチがおすすめ。クラブを背中と両肘ではさんで、大きく胸を後ろに反らす。

◆ドライバーが飛ぶとゴルフがもっと楽しくなりますよ!(河本結)

◆教えてくれたのは…河本結プロ

1998年8月29日生まれ。愛媛県出身。163cm。O型。プロテスト合格2018年7月(90期生)。2019年「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」優勝。19年度賞金ランク6位。スポーツ歴/サッカー、空手、陸上。趣味/映画鑑賞、カラオケ。好きな色/ピンク。好きなスポーツ選手/イチロー、タイガー・ウッズ、トミー・フリートウッド。日本体育大学在学中。リコー所属。

撮影/近澤幸司・Getty Images  エディター/たかはしよし子 撮影協力/日本体育大学

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.