【松田鈴英プロ】女子プロは背中で打つから曲がらない【ドライバーで絶対フェアウェイキープ!】

女子プロは効率的な体の動かし方をするため、どんな緊張した場面でも正確にドライバーを打ちこなしフェアウェイをキープしています。松田鈴英プロらを指導している黒宮幹仁プロコーチは、「背中やお尻など体の裏側の筋肉を有効に使うから正確に打てる」と教えてくれました。今回は、背中を使うための“ワキの伸び縮み”の重要性を解説。松田鈴英プロ&黒宮コーチが、フラフープを使ってわかりやすく教えてくれました。

◆ 背中を使うなら、ワキの伸び縮みが大切! ワキを伸縮させれば軸がブレない

「背中で打つためには、トップで右ワキが伸びて左ワキが縮み、インパクトで右ワキが縮んで左ワキが伸びるという動きが必要。これができないと背筋が使えず、前傾が崩れてしまう。また、左右にスエーしてしまって、軸がブレてしまいます」(黒宮コーチ)

ワキの伸び縮みを効果的に体感できるのがフラフープを使ったシャドースイングだという。

「以前はトップでオーバースイングになり、ギッタンバッコンスイングになっていましたが、ワキの伸び縮みを意識するだけで軸がキープできるようになり、真っすぐ飛ばせるようになりました」(松田プロ)

◆【フラフープで体感】トップで左ワキ、インパクトで右ワキが縮むと、前傾角が崩れず背筋で打てる

【 左足がグッと伸びる 】インパクトで左足を伸ばすとそれに連動して右ワキが縮む。このように上半身と下半身が連動すれば、スイングがより正確になる

トップで右ワキを思いきり伸ばし、左ワキを縮める。フラフープでこの動きをすることで、両ワキの伸び縮みがよくわかる

【右足がグッと伸びる】トップでは右股関節の上に乗るような感覚で動かすと右足が伸び、それに連動して右ワキが伸びて、左ワキが縮まるようになる

◆トップで左肩を低く保ちましょう

ワキの伸縮を体感するために、両肩にクラブを当てて体を動かすのもおすすめ。トップで左肩が低く、インパクトで右肩が低くなり、クラブがボールを向けばOK。

◆【これはNG】ワキの伸縮がないと伸び上がる

両ワキの伸縮ができていないと、背中の筋肉が使えず、両肩がヨコ回転になる。前傾が崩れてしまって左右に曲がってしまう。

◆教えてくれたのは・・・

黒宮幹仁コーチ(松田鈴英プロコーチ)

黒宮幹仁 くろみや・みきひと

91年生まれ。ジュニア時代、松山英樹や石川遼と切磋琢磨。その経験を生かし、レベルの高い指導を実践

大出邦雄トレーナー(松田鈴英プロトレーナ)

大出邦雄 おおいで・くにお

松田鈴英の帯同トレーナーを務める他、多くのアスリートにトレーニングやコンディショニングの方法を指導

ALBA 792号掲載 構成/真鍋雅彦 写真/福田文平、近澤幸司、岩本芳弘、田中宏幸、相田克己  取材協力/鹿児島ゴルフリゾート、日本体育大学、フェニックスゴルフアカデミー、ジャパンスイミングスクール大原、グラン・スポール上杉

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.