【渋野日向子プロドライバー連続写真】「カラダの回転をフル活用した 力強いスピード系シャロースイング」

猿腕(ラクに腕を前に伸ばした時にアドレスでひじの内側が正面に向く人)というカラダの特徴を持つ渋野日向子プロ。強いフィジカルを最大限に使った、まるで海外の男子プロのようなスイングが特徴です。シャロースイングとは、低いトップから低く下りてくるスイングのことで、飛距離も方向性も両立し、かつ今どきのクラブに合うスイングといえるでしょう。スイングの前半よりも後半にカラダを多く使ってボールを力強く叩いているところにも、注目です。

渋野日向子プロ/Getty Images

また、スイングスピードが速いところも渋野プロならでは。イチ、ニィ、サーンとゆっくり目なテンポのプロも多くいますが、渋野プロはイチ、ニィのテンポ。そんなところも男子っぽい渋野プロのスイングを見ていきましょう! 

◆アドレス

猿腕ということもあり、特徴のあるアドレスです。猿腕により両ひじを張った状態になり、わきも締まっているので胸郭と上腕に一体感があります。ただし猿腕ではない人がこのカタチを無理にまねしようとすると、肩に力が入りやすいので注意しましょう。

◆テークバック

アドレスで絞った胸郭と上腕をキープしたまま始動しています。かなり絞っているのか、全く右ひじが曲がっていません。

うでを単独で使わず、左うでを張った状態のまま、胴を回転させています。左ひじが曲がってしまう人は、少しまねしてみると、気づきがあるかもしれません。

◆トップ

レイドオフ、つまりクラブがカラダの後ろにあるトップです。右ひじがカラダに近くなるこのトップは、クラブのコントロールがしやすくなります。

◆切り返し

左の手首が掌屈(猫のような手首を丸めるような動き)があります。これはフェースを閉じることにつながるので、インパクトでフェースが開きやすい人は、この掌屈をまねしてみてもいいでしょう。

◆ダウンスイング

フラットなトップから、ボディターンを強めに使ってクラブを下ろしています。これは海外の男子プロのような動きで、カラダが相当強くないとできませんね。

インパクト直前でも左手首を張っているので、ロフトが立った状態になっています。ロフトは、立った方がスピン量が減りランは出ますが(今のクラブでいうと「ロースピン」と言われているもの)、普通に考えれば球は上がらないはずなのですが……。

◆インパクト!

ハンドファーストインパクトでありなから、右うでをしっかり振ってボールを叩いています。このままだとボールは高く上がらないはずなのですが……。

◆フォロースルー

キャップのつばが下を向いたまま、ビハインドザボール、正面から見ると背骨が右に傾いたままの状態で振り抜いています。これによりボールを上げている。

つまり、フェースを立たせて、カラダを寝かせてボールを上げているということ。これはフィジカルの強さありきですが、効率がよく、今のクラブを最大限に活用しているスイングといえますね。

インパクトで叩いた右腕を大きく使った、ダイナミックなフォローが印象的です。

この時点までカラダの前傾をキープしているのも、安定したインパクトにつながっています。

◆フィニッシュ

最大限の弧を描いたヘッドを、カラダに巻き付つけてフィニッシュ! 

◆渋野日向子プロ/プロフィール

1998年生まれ、岡山県出身。167cm。AB型。8歳からゴルフをはじめる。同時に熱中していたソフトボールは中学生まで続けたが、中学2年でゴルフに専念。18年、2度目の受験でプロテストに合格。19年、「サロンパスカップ」で初優勝。同年、初出場の「全英女子オープン」に勝ち、日本人として42年ぶり2人目のメジャータイトル保持者となり国民的ヒロインに。今シーズンからは本格的に米ツアーに参戦。日本ツアー通算6勝。海外1勝。昨年度賞金ランク19位。クラブ/PING ウェア/ビームスゴルフ/アディダス 所属/サントリー  Instagram@a pinacoooon

◆解説してくれたのは…伊藤祐子プロ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image0-1-scaled.jpeg
伊藤祐子プロ

代官山の「K’s Island Golf Academy」インストラクター。豊富なスポーツの経験を生かした一人ひとりに寄り添うレッスンは、予約解禁日に即日満了するほど人気。とくに女性からの信頼が厚い。フォロワー5万人以上の Instagram【@yuko_ito630golf】でレッスン動画などを配信中。会員制サロン「YUKO Premium salon」や、YouTube動画も展開。

「ツアープロにティーチングプロがついているように、アマチュアにも同じ方向を見て寄り添い、目標に導いてくれる人が必要です。その存在が私であれば、幸せです」

取材・文/たかはしよし子 撮影/Getty Images、ALBA.Net

おすすめの関連記事