100均&300円ショップで全部できちゃう!手作りゴルフグッズ【カートバッグ】

手作りとは思えないクオリティの高さ!

ダイソーやセリア、スリーコインズで材料を揃えて、ゴルフグッズを作ってみませんか? いろいろと工夫を凝らせば、世界でたったひとつの可愛いゴルフグッズの出来上がり! 今回ちょっと工夫を凝らした「カートバッグ」。 かご底やきんちゃく蓋を付けるなど、100均材料で作ったとは思えないハイクオリティな仕上がり! おうち時間を活用して、自分だけのカートバッグを作ってみませんか?

総額600円で材料が揃います

【材料】ランチバッグ〈横34cm×高さ22 cm×マチ10 cm〉(スリーコインズ)/ランチョンマット(セリア)/カラーコード(セリア)/ペーパークラフトバンドキット(ダイソー)

【材料費】 600円
【必要な道具】はさみ/縫い針/糸/定規/洗濯ばさみ/ボンド/グルーガン/強力布用接着剤/アイロン/ゴム通し
【制作時間】約3時間半

長さの違う5種類のひもを用意
プラスチックカードなどの固めのもので割くとキレイにできます

(1)最初に、クラフトバンドをそれぞれの長さにカットした後、縦に割いていきます。切り込みを入れた後、クレジットカードのようなプラスチックカードを使うときれいに割くことができます。
A:50cm[6本幅]×5本(横ひも) B:25cm[6本幅]×6本(横ひも) C:28cm[6本幅]×9本(縦ひも) D:8.5cm[6本幅]×2本(始末ひも) E:残り6本[2本幅](編みひも) ※Eは切らなくてOK。

カッターボードを使うと便利
Bのひもを隙間に合わせて木工用ボンドで丁寧に貼っていく

(2)AとBのひもにそれぞれ中心点を付けて、交互に並べます。Cのひもを2本用意し、木工用ボンドで両端(Aのひもの上)にくっつけます。Bのひもを一旦ばらしたら、隙間に合わせてCのひもの上から木工用ボンドで貼っていきます。

Dのひもをそれぞれの両端に貼りつける。木工用ボンドはつけすぎに注意!

(3)Dのひもを2本、両端に上から木工用ボンドで貼りつけます。

最初の2本を差し込んだら、次の2本は交互になるように差し込み位置を変える
差し込んだら左右にスライドしてセパレート
最後の1本(7本目)は真ん中に差し込んで、全体を整える

(4)Cのひも7本用意します。2本ずつ交互に差し込み、左右両端にセパレートします。残り1本は真ん中から通して、全体を等間隔にして整えます。

横ひもの上に被さっているCのひもを木工用ボンドで固定
根元から立ち上げるのがコツ
すべてのひもを立ち上げた状態

(5)横ひもの上に被さっているCのひもを木工用ボンドで固定したら、四方にはみ出しているひもを根元から立ち上げます。

Eの2本のひもを、立ち上げたひもの内側にそれぞれくっつける。場所は適当なところでOK。
くっつけた部分を始点にして、交互に編み込んでいく
途中でひもが足りなくなったらボンドでつなぎ合わせる
最後は立ち上がっているひもの端に合わせて切り、ボンドで固定

(6)Eのひもを2本使用。立ち上げたひもの内側に、端に合わせて木工用ボンドでくっつけます。ボンドでくっつけた部分を始点にして、上下交互に編み込んでいきます。(追いかけ編み)途中でEのひもが足りなくなったら、ボンドでつなぎ合わせます。すべて使い切ったら立ち上がっているひもの端に合わせて切り、内側で木工用ボンドでとめます。

立ち上がっている部分2cmほど残してカットしたら、内外と交互に折り曲げる

(7)立ち上がっているひもを2cmくらい残してカットしたら、内側と外側と交互に折り曲げます。折り曲げたひもの先端2cmほどの部分に木工用ボンドをつけたら、上から2列目の中に入れ込みます。すべて入れ込んだら、かご底の完成です!

横端から20cmのところでカット
中表に重ねたら。両端を下から13cmあたりのところまで縫う
塗った部分を外側に広げてアイロンで折り目を固定

(8)次にきんちゃく蓋を作ります。ランチョンマットを半分に折って、横端から20cmの部分をカットし、2枚に分けます。分かれた2枚を中表に重ねて、切りっぱなしの部分を上に向けて、両端を下から13cmあたりのところまで縫います。縫い代を割り、アイロンで押さえます。

上側になる部分を1.5cmほど折り曲げた部分に強力布用接着剤をつける
さらに2.5cmほど折り曲げて強力布用接着剤で固定

(9)上側になる部分を1.5cmほど折り曲げ、アイロンで一度折り目をつけたら強力布用接着剤をつけます。さらに2.5cmほど折り曲げて強力布用接着剤で固定します。

ランチバッグ内側にランチョンマットの縫い目を内側に織り込んでマチ針で固定
固定した部分をまつい縫い

(10)布を裏返し、ランチバッグ内側の切り替えの部分に、ランチョンマットの縫い目を内側に織り込んでマチ針で固定します。固定した部分をまつり縫いして、ドッキングさせます。

グルーガンは少しずつつけていくのがポイント

ランチバッグの底をかごにセットし、グルーガンで接着します。

カラーコードを左右の二つの穴から通す

(11)カラーコードを半分に切って、ゴム通しを使って左右の二つの穴から通したら出来上がり!

出来上がり!

教えてくれた人は西田慶子さん
スタイリストとして、Reginaの数々のファッションページを担当。洋裁学校で培った技術を活かし、おしゃれな小物から浴衣まで数々の作品を手掛け、インスタ(@nissea24)でも公開中。