コースで骨折⁉ゴルフ保険加入で160万以上が補償されました!

可愛すぎる弁護士ゴルファーが教えるゴルフ保険』シリーズの連載スタートから早くも大人気の山口先生に、実際のゴルフ場で起きた事故と判例について解説してもらいました。今回はコースでも頻発している骨折をとりあげます。さっそくチェックしていきましょう。

今回の事例は、コースでも頻発する骨折について! 実際の事例ではどのような判決が下されたのでしょうか? 気になる金額は? さっそくチェックしていきましょう。

◆教えてくれたのは…弁護士の山口めぐみ先生

山口めぐみさん

梶山法律事務所所属。交通事故等の損害賠償請求、離婚、相続等の身近な法律問題から、契約書作成や労務相談など企業や経営者からの法律問題まで幅広く扱う。女性ながらの細やかで丁寧な対応からクライアントの支持も高い。かつ、ゴルフ歴7年のゴルフ女子。好きなクラブはドライバーで、パワフルなスイングを持ち味とする原英莉花選手を応援している。Instagramアカウントmegumi_lawyer Instagram ゴルフアカウントmegumi_golf 

◆明日は我が身⁉コースの凹みで足首を骨折!

イメージ画像/Adobe Stock

転倒や衝突、準備運動不足など、事情はさまざまですが、ゴルフ場での骨折事故は意外と多いんです。今回は女性ゴルファーが骨折した事例をもとに解説していきましょう。

あるコースでのできごと。ティーグランド横のカートレール付近に直径20センチ、深さ10センチの凹みができていました。

コースで初めて使用する新品ドライバーで、意気揚々とティーショットを打ち終えた女性ゴルファー。カートでクラブを取り替え、ボールの落下点まで歩いて行こうとしたところ、カートレール付近の凹み部分に右足を踏み入れ、さらにその溝に足首が挟まった状態で転倒。右足首を骨折してしまいました。

せっかくの新品クラブも破損。女性は右足首を手術することとなり、2度も入院。なんと通院は8ヵ月も続いたのだとか……。

◆壊れたクラブに入院費、慰謝料…損害額はどうやって判定する?  

このケースでは、裁判所は以下のように損害を認定しました。

【損害として認められた金額】 
ゴルフクラブ:5000円(時価額)
入通院費:25万7710円
入院雑費:9000円
通院交通費:6万6200円
ギプス:1万5196円
慰謝料:155万円
休業損害:21万2800円
弁護士費用:21万円
総額:232万5906円

女性ゴルファーが実際に支払った入通院費、通院交通費、ギプス代以外に、ゴルフクラブの時価額、慰謝料、休業損害、弁護士費用などが認められて、総額232万5906円の損害が裁判所に認定されました。

といっても、女性ゴルファーは、損害の満額を受け取れたわけではありません。女性ゴルファーにも過失が認められたのです。

◆女性ゴルファーにも過失あり!過失相殺を適用

今回の事案では、女性ゴルファーは、足元を注意しないで、前方のゴルフボールが飛んだ方向を見ながら歩いていたようです。しかも、事故地点にカートレールがあることや、カートレールの形状は、誰の目からみても明らかだったようで、裁判所から、女性ゴルファーは、カートレールの溝部分に足を取られないように気を付けるべきだったと指摘を受けました。また、凹み部分の位置や、性状からすると、女性ゴルファーが足元をちゃんと見ていれば、転倒は防げたとも指摘を受けています。

このような事情から裁判所は、怪我をした女性ゴルファーに30%の過失を認めました。過失相殺された結果、女性ゴルファーは損害の7割の金額を受け取ることになりました。

過失相殺とは・・・?
民法722条2項に規定があります。被害者に過失があったとき、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができるとされています。
なぜなら、損害を回避したり、減少させる行動が被害者に期待できるときには、そのような行動をとらなかったことによる不利益を被害者に負担させるのが公平だと考えられているからです。被害者に過失が認められるときには、被害者側の過失割合相当分を損害額より差し引くことになります。

◆山口先生のワンポイントチェック!

「この事例では、裁判所は、232万5906円の総額から、女性ゴルファーの過失割合の3割を差し引き、162万8134円の支払いを相手方に命じています。

女性ゴルファーが保険に加入していて、保険を使用すれば、少なくとも裁判所が認定した金額は補償を受けることができるでしょう。金銭面での不安を減らすためにも、保険に加入して、心置きなくゴルフを楽しみたいですね。

また、この事案で、裁判所は、ゴルフクラブの賠償額について言及しています。女性ゴルファーは『この日初めて使用した新品クラブ』と主張しましたが、その証拠がないことや、後継モデルが出ていることなどが考慮され、ゴルフクラブの時価額は5000円として損害認定されました。ゴルフクラブを購入した領収書等を保管しておくといいですね」