あなたのキャディバッグはゴミだらけ?キレイに賢く使う、収納&お掃除テクニック!

突然ですが、キャディバッグってキレイにしたことありますか? ポケットの中身、何が入っているか把握していますか? 溶けまくった飴や、ぐちゃぐちゃに固まったグローブなんて出てきませんか? そんな“見られたらピンチ”な女子ゴルファーの方へ、今回、キャディバッグの正しい収納ポケットの使い方と、お手入れ方法をご紹介します!

ポケットやフックが使いこなせていない…どこに何を入れれば正解?

そもそも、キャディバッグ。収納ポケットやフックがたくさんあるのは嬉しい反面、どこに何を入れるのが正解かわかりづらい⁉シューズやボール…適当にしまっていたら、ゴルフ場でカートに積んだ時に、必要な物が出せなくなった! という経験をしたゴルファーも多いよう。

まずは、ゴルフ場でカートに乗せた時を想像してみましょう。取っ手のハンドル部分を上にしてカートに乗せるので、当然ながら、同伴者のキャディバッグと合わさるサイドのポケットや下側にくるポケットは物が出しづらくなります。

ゴルフメーカーの女性PRの方にも、キャディバッグのそれぞれに収納するアイテムを伺ってみると、以下の通り。

収納するアイテムを、「ラウンド中に使うもの」と「ラウンド中は使わないもの」に分けて考えてれば、一気に収納場所がクリアに。ボールやティなど、コース内で使うものは、ハンドルが付いている<表側>のポケットに入れ、雨具や宅配カバーなどは<サイド>や<裏側>のポケットに入れれば良いわけですね。細々としたティやマーカーは、カワイイポーチや缶に入れると、さらにオシャレ度がアップしますよ!

キャディバッグは拭くべし!振るべし!

キャディバッグの中身をスマートに収納したら、それをキレイにキープするのが定期的なお掃除。まずは、ラウンド後には「拭く!」を習慣にしましょう。

キャディバッグの素材にもよりますが、基本的には水拭きした後に乾拭きを。簡単な汚れは、その日のうちに落としておきましょう。底に付いた土や芝、頑固な汚れには、上履き洗うときのブラシや、食器のメラミンスポンジもオススメです。余裕があれば、レザー素材やエナメル素材など、素材別の専用クリーナーでキレイにすると、見た目の美しさだけじゃなく、素材の持ちも良くなりますよ。

そして…、ぜひやってほしいのが、振る!
意外にキャディバッグの中には、芝生や土が溜まっているんです。大たたきしてバンカーやらラフやらを走りまわってしまった日は特に…。全部中身を出して、逆さまに振るべし! ついでに、食べかけの飴や、入れっぱなしになっていたグシャグシャのグローブも出しておきましょうね!

キャディバッグのスマートな収納やお掃除をしていると、ラウンド前の準備もスムーズになりますし、ゴルファーとしての品もアップするはず。ぜひ定期的なメンテナンスをしていきましょう!

REMIQUESTプロフィール

REMIQUEST/ライター。学生時代に家族の影響でゴルフを始め、一応大学ゴルフ部出身。スコアはイマイチだけれど、先輩に叩き込まれたマナーとプレーファストは今も健在。男2人のママ。出産後はなかなかゴルフができてないのが悩み。子どもに将来養ってほしいと、稼ぐゴルファーにすべく、密かに企み中。