「老け見え…、幸薄そう…」女性ゴルファー残念ファッション撲滅作戦!「白×グレー」はこう着る!

普段と違うおしゃれができるからゴルフファッションって楽しい♪ でもちょっと待って! いざ着てみると、「こんなはずではなかったのに…」という経験ありませんか? 個性的なデザインが多いゴルフウェアは、さじ加減を間違えると、たちまち残念なスタイルに…。コーディネートのコツをつかんで、おしゃれに磨きをかけましょう!今回のテーマは「白×グレー」。センスよく着こなすか?地味にまとまってしまうか? 無難でありがちな配色こそ、おしゃれの明暗の分かれ道。「老け見え、幸薄そう…」なんてならないための、着こなしをご紹介します。

イラスト/小豆だるま 

白×グレーが残念ファッションになる原因は?

白、黒、グレー、ネイビー、ブラウン等、いわゆる「ベーシックカラー」は、日常のファッショでは欠かせない色。とくに、白とグレーの組み合わせは知的で好印象を与える色ですが、これがゴルフ場ともなると、とたんに地味な印象になってしまいます。「あまり派手な色は着たくない」という人や、名門コースでのラウンドなどに有効な配色ですが、着こなし方によっては老けて見えたり、暗い印象を与えたりするので、小物などで差し色を加えて、洗練されたコーディネートを目指しましょう。

【おしゃれコーデはこれ!】ベーシック配色のコーディネートにイエローの小物が映える!

センタープレスのグレーのパンツとホワイトのポロシャツが上品なパンツコーデ。ベーシックカラーでまとめているので、寂しくならないように、イエローの小物で華やかさをON。メタリックのベルトやパンツ¥16,500(ブラック&ホワイト/ブラックアンドホワイトスポーツウェア) ポロシャツ¥7,700(エマンゴルフ/エマン) ベスト¥13,200(ランバンスポール/デサントジャパン) スカーフ¥12,100(アルテア/アマン) サンバイザー¥4,950(セント・アンドリュース) バッグ¥12,100(パーリーゲイツ) シューズ¥12,100〈編集部調べ〉(アディダスゴルフ/アディダス ジャパン)