「優等生…、ありがち…」女性ゴルファー残念ファッション撲滅作戦!「トリコロール」はこう着る!

普段と違うおしゃれができるからゴルフファッションって楽しい♪ でもちょっと待って! いざ着てみると、「こんなはずではなかったのに…」という経験ありませんか? 個性的なデザインが多いゴルフウェアは、さじ加減を間違えると、たちまち残念なスタイルに…。コーディネートのコツをつかんで、おしゃれに磨きをかけましょう!今回のテーマは「トリコロール」。赤、青、白の3色をリズムよく配した人気のカラーですが、被り率も高く、没個性になりがちです。ここでは、ひと技利かせたトリコロールの着こなしをご紹介します。

イラスト/小豆だるま 

トリコロールが残念ファッションになる原因は?

トリコロール自体は残念ファッションではありません。華やかで好感度が高く、流行にとらわれず、いつだって人気のある配色です。それゆえに、ゴルフファッションにトリコロールを取り入れる人も多く、人と被る確率が高くなります。没個性にならないために、まったく違う色をアクセントとして差し込んだり、異素材で取り入れたりと、ひと工夫加えて、周りと差のつく着こなしを目指しましょう。

【おしゃれコーデはこれ!】艶やかラベンダー&シースルーベストで洗練された着こなしに

撮影/大槻誠一 スタイリスト/若狭恵美

ラベンダーパンツやシースルーのベストが、カジュアルなイメージのトリコロールに色香を加え、女性らしい印象に。また、スポーティなモックネックとエレガントなベストの素材もマッチし、洗練されたパンツスタイルに仕上がります。
ベスト¥38,500(カステルバジャック スポーツ/オッジ・インターナショナル) モックネックトップス¥6,380(アンパスィ/ブラックアンドホワイトスポーツウェア) パンツ¥29,700(ゾーイ/タキヒヨー) サンバイザー¥3,630(ピンアパレル/TSI ピンアパレル事業部) グローブ〈両手〉¥5,280(マンシングウェア/デサントジャパン) シューズ¥35,200(セント・アンドリュース)