「ここ、日本ですけど…」女性ゴルファー残念ファッション撲滅作戦!「リゾート柄」はこう着る!

普段と違うおしゃれができるからゴルフファッションって楽しい♪ でもちょっと待って! いざ着てみると、「こんなはずではなかったのに…」という経験ありませんか? 個性的なデザインが多いゴルフウェアは、さじ加減を間違えると、たちまち残念なスタイルに…。コーディネートのコツをつかんで、おしゃれに磨きをかけましょう!今回のテーマは、「リゾート柄」。気分があがる夏ならではのスタイルですが、やりすぎは禁物! スマートに着こなしをマスターしましょう。

イラスト/小豆だるま

リゾート柄が残念ファッションになる原因は?

ボタニカルやパームツリーなど、華やかかつ開放的な気分になれるリゾート柄。柄が大きくなればなるほどリゾート感が強くなりますが、トップスにもボトムスにも大柄なアイテムを取り入れると、悪目立ちする危険性が大! また子供っぽく見えてしまうケースもあるので、大人の女性にはさすがにイタい…。柄の大きさや、配色を工夫すればこなれたリゾートスタイルが完成します。

【おしゃれコーデはこれ!】小ぶりのリゾート柄を軸に、色のバラつきを極力抑えて、統一感を

ここで投入するリゾート柄アイテムは小ぶりのパームツリーのスカート1点。夏らしさを感じさせつつ、主張しすぎない大きさがしゃれています。また、色の数も極力少なくして、全体に統一感を与えて。渋めのオレンジやブラウンで大人っぽさがグッと増し、こなれた雰囲気に仕上がります。

スカート¥15,400、キャップ¥6,600(共にロサーセン/グリップインターナショナル) ポロシャツ¥17,600(マスターバニーエディション) グローブ〈片手〉¥4,620(パーリーゲイツ) シューズ¥16,500〈編集部調べ〉(フットジョイ/アクシネット ジャパン インク)