切れ味鋭いライン出しはこう打つ!

フェースの開閉を少なくして、スイングをコンパクトにする分、ミート率がアップする!方向性と距離感を合わせやすいのが“ライン出し”の特長です。アゲンストに強いだけでなく、ボールが沈んでいるとき、ディボット跡や芝が薄いところから打つときにも有効というメリットがあります!そこでパーオン率が昨季4位、19年は6位と女子ツアー界随一のショットメーカー・松田鈴英プロにライン出しのコツを聞きました!まずはアドレスからレクチャーしてもらいましょう♪

関連リンク:片手打ち練習のホントにホントの効果!バックナンバーはこちら

関連リンク:松田鈴英プロは冬ゴルフもおしゃれ度MAX!「寒くてもスカートを可愛く着こなしたい」

◆スタンス幅は通常より少し狭め

飛距離を出す打ち方ではないので、スタンスは通常よりも狭めです。肩幅ぐらいに開けば十分。また、クラブは短く握ります。飛ばしたい距離によりますが、右手親指がシャフトとグリップの境目近くにくるぐらいが目安。これでも飛距離は10ヤードぐらい減る程度です。ただし、打球が低いためグリーンに乗るとランが出ます。2、3ヤード、キャリーがショートすることを計算して打ちましょう。

ライン出しをすると決めたら、スタンス幅を狭くし、クラブを短く持つことから始めよう。この事前準備が切れ味鋭いライン出しを打つための基本だ

ボールはいつもより半個分ほど右に置き、少しロフトを立てた状態でインパクトするため出球は低くなる。インパクト後はできるだけクラブヘッドを低く出す。薄くて長いターフを削るつもりで打つのが理想

◆教えてくれたのは…

松田鈴英プロ
1998年生まれ、滋賀県出身。167cm。10歳でゴルフを始める。高校卒業後はキャディのアルバイトをしながらプロを目指し、2017年、二回目のプロテストで合格。ルーキーイヤーの2018年から2年連続でシード権をキープ。2019年度賞金ランク32位。クラブ/ブリヂストン ウェア/アンパスィ 所属/ニトリ instagram@reimatsuda01

◆この記事をもっと読むなら!