【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・セカンドショット編【ツマ先下がり&上がりの傾斜】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

左足上がり&下がりに比べて難しいのがツマ先上がり&下がりのライ。スイング中に体勢が崩れやすい上、 ボールが左右に曲がりやすい傾斜です。これらの状況ではどうやってスイングすればいいのでしょうか。ツマ先下がりは前傾角、ツマ先上がりは手元と体の距離がポイントなんです。

◆ツマ先下がりは体の起き上がりに要注意!切り返しで 前傾をさらに深めて

ツマ先下がりの傾斜は、バランスを崩さずに振ることがナイスショットの条件です。下半身をどっしりさせ、上半身だけでクラブを振るイメ ージを持ってください。

そして、クラブを長めに握ること。いつもよりボールと自分の距離が遠くなるため、アドレス段階で調整しておきましょう。また、“下半身をどっしり”といっても、ヒザを曲げすぎると、足がシャフトに当たってしまいスイングできなくなってしまいます。お尻の位置を高めにキープしておくことも大切です。

グリップを長めに持って ボールとの距離を調整しましょう。

一番のポイントは切り返し。通常のショットでは「前傾キープ」といわれますが、この状況では、さらに前傾を深くするイメージを持ってください。ツマ先下がりは、ダウンスイングで体が起き上がりやすい状況なので「前傾をさらに深くする」という意識で振ると、結果的に前傾をキープできるようになります。

また、使用番手によって球が飛び出す方向が変わるので注意。ウェッジや9Iは左にひっかかるので右を向く。一方、8Iより上の番手は右に飛び出しやすいため、左を向いて構えるようにしましょう。

◆お尻は高い位置にキープ!

ツマ先下がりはバランスよく振ることがカギ。ヒザを曲げすぎるとクラブが足に当たってしまうので注意。お尻を高い位置にキープするとスムーズに振れます

◆女性はココに注意

ツマ先下がりはダウンスイングでヒザが伸びやすく、前傾が崩れやすい状況に。前傾をさらに深めてダウンスイングする意識を強く持ちましょう

◆ツマ先上がりは体から手元を離さない

ボールが高い位置にあるため、クラブをヨコ振りすることになるツマ先上がり。ダウンスイングで手元が体から離れるとシャンクが出るので注意しましょう。また、左に曲がりやすいため、右を向いて構えることもポイントです。

1番手上げたクラブを短く持ち、コンパクトなスイングを心掛けよう。ミスを減らすことができる。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.