【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・ドライバー編【飛距離よりも安定性!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

今回から「ドライバーでOBしないこと」をテーマにレッスンをお届けします。

平均80台でプレーするために、ドライバーショットは飛距離よりも方向性が大切なんです。OBや池ポチャをしてしまうと、“ボギーペース”でプレーするのが難しくなってしまいますよね。

真っすぐ打つコツを覚えるとミート率も上がり、だんだんとしっかり振れるようになってくるので、飛距離もアップするんです。さっそくレッスンをチェックしていきましょう!

◆これでフェースが真っすぐ当たる!“手元はいつもおへその前”

ボールを左右に曲げずに真っすぐ打つために、意識すべきなのはフェース面。スクエアの状態でインパクトすれば、真っすぐ飛ぶ確率は大幅にアップします。

スクエアに当てるためのコツは、ずばり手元の位置。手元の位置を意識すると、結果的にフェース面をコントロール出来るようになります。

◆スタンス幅の間だけフェースを真っすぐ動かす

ドライバーショットの方向性を上げるには、フェース面をスクエアにしてインパクトする必要があります。ボールとフェース面を正面衝突させるイメージです。

スクエアにインパクトさせるためには、インパクトゾーンでフェースをスクエアに動かし続けることが大切。

バックスイングの段階から、そのための準備をしましょう。アドレスしたときのフェースの向きをキープして、ヘッドを真っすぐ後ろに動かします。これで、スイング中にフェース面をスクエアに動かしやすくなります。この動きを手元だけでやるのはNG。グリップエンドがおヘソを向いた状態で始動するようにしてください。

また、スイング中は右手首の角度をキープし続けることも重要です。手首の角度が変わると、フェースの向きが狂いやすくなります。

スイング中、特にインパクトゾーンでは、右手首の角度を変えずにヘッドを動かすことが大切。おへそとグリップエンドを同調させてスイングする。

ダウンスイング以降もグリップエンドがおヘソを向くようにしましょう。バックスイング時と同様に、手元だけを動かすのではなく、おヘソと同調させることでヘッドの動きをコントロールできますよ!

スイング中は軸の傾きをキープしておきましょう。右に傾くとフェースが開きやすくなり、左に傾くとヘッドが上から入りすぎてしまいますよ!

◆オススメ練習法!ボールの左右に 2本の棒を置いてハーフスイングしてみよう

フェースを真っすぐキープした状態でヘッドを動かす練習法がコレ。ボールの前後、ヘッドが当たらない位置にクラブや スティックなどを真っすぐ置くと、ヘッド軌道をイメージしやすくなります。

始動では、フェース面がボールを見続けるように。インパクト以降は手首を返さずにフェース面を目標に向けておこう。簡単なドリルなのでぜひトライしてみてくださいね!

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫