マッチングアプリでの出会いってあり?なし?【40代ゴルフ女子が語る】

コロナ禍もあり、リアルでの出会いが減った今、注目されているのが、マッチングアプリでの出会いです。
相手の年齢、年収、職業、趣味など、自分の希望条件にあった人と効率よく出会えるというメリットがある反面、個人情報が気になる、変な男性や妻子持ちなどと出会うリスクもあるということから、アプリやWEBでの出会いに消極的な方も多いはず。
今回は、そんな、デジタルでの出会いにまだまだ消極的なあなたのために、マッチングアプリでの出会いのリアルってどうなのか?を取材しました!

取材させていただいたのは46歳のゴルファー・ゆかさんです。アプリで出会い、ゴルフという共通の趣味を通じてご結婚にも至った、アプリ婚活の大成功者です!

時間に関係なく好きな時間に、自分から相手を選べるのがとても効率的!

――ゆかさんは、アプリで出会いご結婚にも至ったアプリ婚活の成功者ですが、まず、マッチングアプリを使おうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

「実は、前の夫と離婚したばかりだったんですが、このまま一人で生きていくのも寂しいなと思って、アプリで出会いを求めたのがきっかけです。年齢も40代半ばなので、友達に紹介してもらうとか、相談するということもなく、アプリでも誰かいい人と出会えるといいなと思って登録しました」

――ということは今再婚されたということですが、結婚は意識されたんですか?

「いえ、特に再婚は考えてなかったのですが、たまたまご縁があり再婚しました。私が、46歳で、旦那さんが54歳で8コ上です。最初はアプリって若い子だけかなと思って抵抗もありましたが、女性は登録料無料だしやってみようと気軽な感じで始めたら、年齢層も幅広くて、自分にあった人と出会えました」

――それは素敵ですね。では実際に、ゆかさんは何のアプリを使ってましたか?

「私が使っていたのが、PアーズとSュガーダディ、pディ67です。
pアーズは婚活アプリとしても有名で使っている人も多くて利用もしやすい印象です。
pディ67は1ランク上の出会いができる、カレンダーで空いている人と会えるなど、効率的だったのがよかったかなと。
・Sュガーダディは最初は知らなかったのですが、パパ活アプリだったようです」

――アプリによっても、それぞれ特徴があるんですね。

「そうですね、私は会社員ではなくて、経営者さんとかと出会いたかったので、Sュガーダディやpディ67をメインに利用していました。
パパ活を目当ての人もいるかもしれませんが、なかにはちゃんとお付き合いをしようとしている人もいるので、どんなアプリでもきちんと相手のことを知っていくことが大切かなと思います」

――確かにそうですね。では、アプリを使ってよかったとはなんですか?

「アプリ婚活のいいところは、一番は時間がなくても出会える点です。今、コロナもあるし、なかなか新しい出会いもない。特に、私の場合は離婚後だったので、働きながら、自分のペースで探せる方が効率がよかったんです。時間関係なくできますし、自分から相手を選べるのがよかったですね」

――時間関係なく好きな時間に、自分から相手を選べるのは確かに効率的ですね。

「はい、特に、私は経営者さんと出会いたかったので、条件を設定できるアプリはすごく便利でした。職業選択に、会社役員や自営の人を選び、あとは年収などの条件も入れました」

――職業と年収がある程度選べるのはいいですね。

「そうなんです。出会っていい人でも、条件が違ったら付き合うところまではいかないですしね。実は、やってみて分かったのですが、年収を1000万以上に設定すると、男性もすごく自信がある人が多いので、若い女性を狙っている人が多いんです。なので、少しそこは下げて、500万以上とかに設定すると、結構いい人が出てくるような気がします」

仕事の話しや、自分のことを積極的に話してくれる人は信頼できる!

――そうなんですね。年収によって相手の狙いも変わるというのは驚きですね。では逆に、アプリでのデメリットはありましたか?

「そうですね、やりとりをしていると、あきらかに、体目当てだなという人もいます。でも、そういう場合はすぐにブロックすればOKです。気をつけないといけないのは、やりとりが進むと、“最寄りの駅どこですか?”“勤務先の場所は?”など聞かれることもありますが、自分の行動範囲のエリアは言わない方がいいですね」

――最寄駅や勤務地なんて、つい話してしまいそうですね。なんでそれは言わない方がいいんですか?

「実は、一度だけ、怖い経験があったんです。メッセージでやりとりしている時はわからなかったのですが、会ったその日から結婚したい的な感じを出してくる方がいて、いきなり重いし、きみ悪いなと感じたんです。ちょっと違うなと思ったので、今後は会いたくないなど、メッセージを送ったんですが、すんなり受け入れてもらえず、相手がややストーカー的な感じになってしまったんです。そのとき思ったのが、最寄りの駅は教えなくてよかったなということ。あと、職場も危険ですね。待ち伏せとかされるし、会社名も特定されたりもするし。
大きな会社に勤務する女性は危ないので、気をつけた方がいいですね」

――そうだったんですね、それは確かに怖い。大きな会社の方とかは、特定されやすいから、気をつけた方がいいですね。では、アプリ上で仲良くなってから、リアルで会うまではどんな感じで進むものでしょうか?

「それは実際のお付き合いの流れと同じですね。最初はアプリでやりとりして、仲良くなったら、LINEでやりとりしていきました。実際会ってみた人数は6人くらいですね」

――なるほど、LINEの方がやりとりがスムーズですもんね。

「そうですね、やりとりを繰り返しているうちに、仕事の話しをしてくれたり、自分のことを話してくれる人は信頼できますし、関係もよくなります。
なので、普通の出会いのように、だんだん仲良くなったら“飲みにでも行こうか”という流れになりました」

――確かに、流れは自然な感じでいいんですね。では、実際会った人でお付き合いまでいった方はいますか?

「はい、2人います。お一人は会社経営されていて、趣味がゴルフの方でした。私はまだゴルフ始めたばかりだったので、教えてくれたり、とてもいい関係でした。
もう一人もゴルフ関係のお仕事をしている方で、ゴルフを通して仲良くなりました。やりとりを重ねていくうちに、飲みに行ったり、自然な流れでお付き合いすることができて。で、実はその人が今の主人なんですよね」

新しい世界が広がって主人とも出会えたので、あの時活動して本当によかったです!

――そうなんですか、それはすごいですね!!ちなみに初デートの時とか、ファッション関連で気をつけた方がいいことってありますか?

「そうですね、ワンピースは鉄板ですね。あと指輪とネイルは、意外にもチェックする男性が多いですね。指輪は前の彼氏の影を感じたりするようですし、ネイルをきちんとしていると、女性らしいと感じてもらえるようです」

――ネイルと指輪を気を付けるべしと!!では最後に、アプリとかオンラインでの出会いに抵抗がある人も多いのですが、どうしたら一歩踏み出せますか?

「よく年齢で私はもう歳だからと、諦めてしまう人もいますが、やはり、女性っていくつになっても、女性であることには変わりないですし、年齢のことはそんなに気にしなくても大丈夫だと思います。いろんな人が登録しているので、新しい出会いがあったり、趣味が広がったり、仕事の人脈になるかもしれないですしね。いやだったら、すぐやめられますし、変な人はブロックもできますので、怖くはないと思います」

――確かにそうですね。恋愛に繋がらなくても、新しい人脈にはなりますね。合わない人とはブロックもできますしね。

「そうなんです。今は、会社の中や、友達などの関係からは、恋愛には発展しない状況だと思うので、私はアプリを通して、新しい世界が広がって主人とも出会えたので、あの時活動してよかったなと思います」

アプリでの新しい出会いから、結婚まで至った、ゆかさんのエピソードすごく参考になりましたね。アプリの出会いに抵抗があった方も、気軽にまず一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。次回は、アプリをいざ登録したときに戸惑う、プロフィールと写真について、深掘りしたいと思います。お楽しみに!

取材・文/橋本夏子