非モテ!ラウンド中に同伴者を疲れさせる女性の言動って?

ラウンドをした日には、心も身体も、心地よい疲労感に包まれる人も多いですよね。他方、一緒にいるだけで疲れる相手とのラウンドでは、“心地よくない疲労感”でドッと疲れが溜まってしまうのもありがちなお話です。

本人にそのつもりがなくても、周囲を不必要に疲れさせる振る舞いをしてしまえば、ラウンドでの好感度はダダ下がりに。そうなれば、のちのちの人間関係にも響きかねません。

メンタル心理カウンセラーの並木まきが、周囲を疲れさせる女性にありがちなラウンドでの言動をお話します。

1:ティーショット前に大騒ぎする

非モテ!ラウンド中に同伴者を疲れさせる女性の言動って? 画像①

ティーショットの前には、自分なりのルーティンをこなしてメンタルやカラダの調子を整えたい人も多いもの。それなのに「盛り上げないと、場面が白ける!」とばかりに、やたらひとりでハイテンションになり騒ぐ女性も散見されます。

こちらは、まわりに知っている人がいるのに静かに過ごすのが苦手なゴルフ初心者にありがちな振る舞いで、本人はまわりを気遣っているつもりになっていることもしばしばあります。しかし、真剣にゴルフを楽しみたい人ほど、ティーショット前のタイミングは静かに過ごしたい傾向に。

特に、“その日の最初の一打”の前にまわりで大騒ぎをされると、調子が狂ってしまうゴルファーも多いことから、不評になりやすい言動です。

2:カート移動中にずっとゴルフと無関係な話をしまくる

非モテ!ラウンド中に同伴者を疲れさせる女性の言動って? 画像②

カート移動中は、同伴者との距離を縮める大切な時間でもあります。ビジネス上の付き合いなどで、心の距離を縮めたい場合にはカート移動の時間を有効活用しようと心がけている人も少なくないでしょう。

しかしそんなシーンで、ゴルフと無関係な話をずっとしまくっている女性は、最初のうちは周囲をなごませる存在でも、その頻度が多くなるほどに周囲が疲れを感じやすく、だんだんと面倒がられる展開にも……。

こういった女性が好む話題としては、恋愛話や職場の愚痴、ビジネスの提案などラウンドと直接関係のない話を延々と繰り返してしまパターンがありがちです。

3:次回ラウンドの予定をその場で決めたがる

非モテ!ラウンド中に同伴者を疲れさせる女性の言動って? 画像③

ラウンドメンバーに恵まれると、ゴルフは断然に楽しくなりますよね。そのため「このメンバーで回るのは、最高に楽しい!」となれば「また近々、ご一緒しましょう!」となるのも、よくある話です。

ただ、だからと言ってその場で次のラウンドの日程が決まることもあれば、なんとなく社交辞令のような会話で終わってしまうこともあるのが常。その日に集まっている全員の予定が合う日程を見つけるのも難しいパターンが多く、社交辞令のつもりで「また」と言ったつもりではなくても、結果的に次のラウンドが実現しないのも珍しくありません。

そんな背景があるので、「また行きましょう」という会話になっても、その場で無理をしてまで予定を合わせようとするのは、ちょっと強引な印象にも。ゴルフ初心者かつ真面目な性格の女性ほど「また近々」という会話が出ると「何がなんでも日程を決めて帰らなくては!」と思ってしまうこともあるようですが、強引に日程を押さえようとする振る舞いは周囲を疲れさせてしまうこともあり、やや自己中心的な言動にも見えやすいのです。

本人にはまったく悪気がなくても、まわりを不必要に疲れさせてしまう女性は、ゴルフラウンドでは好感度が下がりやすく、非モテな印象にもつながります。

ラウンド中には、メンタルを整えて臨みたい人も多いことから、本人が「よかれ」と思っての言動であっても、周囲のペースを乱してしまえばネガティブな疲労感を招きます。

同伴者たちの負担にならない言動を心がけることも、ラウンド中のマナーと言えるでしょう。

並木まき

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。