予期せず左に曲がったゴルフボールが耳を直撃! 後遺症、そして賠償の顛末は…?

『可愛すぎる弁護士ゴルファーが教えるゴルフ保険』シリーズ。連載スタートから早くも大人気の山口先生に、ゴルフ場で実際に起きた死亡事故について、裁判例をもとに賠償額や過失について解説してもらいました。今回は、予期せず左に曲がったゴルフボールボールが不幸にも同伴者の左耳を直撃し、後遺症が残ってしまったケースをご紹介します。

山口めぐみさん

梶山法律事務所所属。交通事故等の損害賠償請求、離婚、相続等の身近な法律問題から、契約書作成や労務相談など企業や経営者からの法律問題まで幅広く扱う。女性ながらの細やかで丁寧な対応からクライアントの支持も高い。かつ、ゴルフ歴7年のゴルフ女子。好きなクラブはドライバーで、パワフルなスイングを持ち味とする原英莉花選手を応援している。Instagramアカウント(@megumi_lawyer) Instagram ゴルフアカウント(@megumi_golf)

◆ゴルフビギナーの打った2打目がベテランゴルファーの耳に…

ゴルフの魅力のひとつに、ゴルフ歴や年齢、性別を問わず、いっしょに楽しめるという点があげられます。ただ、意外にも起こりやすいのが、同伴者同士での打球事故です。

今回は、初心者ゴルファーとベテランゴルファーがいっしょに回っていたときに起きた事故についてご紹介しましょう。

〈画像〉打球事故は本当に怖い!

まずは初心者ゴルファーからティオフ! しかしボールは大きく右に曲がってしまい、初心者ゴルファーは、ボールを探すため、コース右側の谷へと入っていきました。

その間、ベテランゴルファーは30〜40Yほど前に進み、2打目を打つために打点に入っていました。

初心者ゴルファーはボールが見つからなかったことから、フェアウェイに新しいボールを置き、他のプレーヤーの動向を確認することなく打ってしまいました。するとボールが大きくそれて、なんとベテランゴルファーの左耳を直撃! 打球事故となってしまいました……。 ベテランゴルファーは、左耳に耳鳴りや難聴などの不具合を感じるようになってしまったそうです。

◆裁判所の判断は? 

損害額ついて (各損害項目の説明については第2回参照)
治療費  53万7019円
入院雑費 1万6500円
文書料 1万1550円
交通費  3060円
慰謝料(傷害に関する部分) 50万円
慰謝料(後遺障害に関する部分) 70万円 ※等級認定なし
逸失利益 なし(無職のため)
費用合計 176万8129円

◆初心者ゴルファー・ベテランゴルファーそれぞれの過失を認定

加害者となった初心者ゴルファーは、同伴者が前方にいることを認識していたようです。それなのに、前方30~40Yの距離にいる同伴者が、安全を確保することのできる状態かどうかを確認しないで、そのまま前方に向けてボールを打ってしまいました。裁判所は、初心者ゴルファーに、安全の確認を怠った過失があると判断し、60%の過失を認めました。

他方で、被害者となったベテランゴルファーに40%の過失を認めました。
ベテランゴルファーは、初心者ゴルファーが第1打を右の谷に打ち込み、ボールを探していたのを認識していたようです。それなのに、初心者ゴルファーの様子に注意を払わないで漫然とその場に立っていたのですから、ベテランゴルファーに、安全の確保を怠った過失があると判断しました。

結果、初心者ゴルファーに60%、ベテランゴルファーに40%の過失割合を認めました。

結論 106万0877万円

損害の合計額176万8129円から、40%の過失割合による減額を行い、初心者ゴルファーに106万0877円の賠償義務を認めました。

◆山口先生のワンポイントチェック!

「今回のケースでは、裁判所が、被害者に過失割合を40%も認めたという点が興味深いですね。『打つ人の前に出ない』というゴルフの基本的なマナーに違反している点を重く捉えたのだと思います。ゴルフのマナーは、事故が起こらないようにするためのルールでもあるようですね。しっかりとマナーを理解してプレーしたいものですね!

また、裁判所は、たとえ初心者であっても、今回の状況ならば、同伴者に声掛けするなどの対策を簡単に取れたはずだと指摘して、過失割合を、60%から減らしませんでした。ゴルフの腕前が初心者だとついプレーだけに集中しがちですが、同伴者の安全確認を行うなど、周囲に配慮することが求められているようです。

後遺障害に関する裁判所の判断は少し分かりにくいかもしれません。裁判所は、ベテランゴルファーの主張する耳鳴り等の症状は、後遺障害等級(次の回でくわしく説明します)のつかない比較的軽微な症状であると判断しました。そうすると通常、後遺障害慰謝料は認められないことになるのですが、裁判所は70万円の後遺障害慰謝料を認めています。ベテランゴルファーの被害救済を図る目的だったと考えられます」