「友達どまり」で終わってしまう女性ゴルファーの残念な振る舞い

「いいな」と思っていた女性をゴルフラウンドに誘ったあと、「やっぱり違ったかも……」と、幻滅に至ってしまった男性の話も珍しくありません。せっかく距離を縮めようと誘ったラウンドでも、女性が見せたちょっとした振る舞いによって「恋人にはしたくないな」とジャッジメントをする男性は少なくないのです。

そこで、メンタル心理カウンセラーの並木まきが、男性から見て「友達ならいいけれど、恋人としては付き合いたくない」と思われやすい女性のゴルフ場での振る舞いをお話します。

合わせて読みたい:勘違いに注意!「打ちっぱなし」に誘う男性にありがちな脈なし心理

合わせて読みたい:男性が嫌がる女性ゴルファーにありがちな振る舞い3選

1:プレーに満足できないと拗ねる

イメージ/フォトAC

ゴルフラウンドは、究極としては「自分との戦い」ですよね。そのため、満足できないプレーが続いてしまうと、ついそんな自分に対してイライラしてしまうのも、真剣にゴルフに向き合っている女性ゴルファーほどありがちでしょう。

そんなときにイライラを同伴者にぶつけるのは論外。さらには、一緒にいる誰かにぶつけなかったとしても、ひとりで拗ねて機嫌が悪くなってしまうのもNGです。

イライラしている様子は、口にせずとも態度に出してしまえば、同伴者には伝わるもの。空気も重くなり、その女性に対してまわりが気を使わないとならないような場面が増えるほど、男性の目から見て「面倒な人」の印象が強まり、恋人候補からハジかれがちです。

「それだけ、ゴルフに真剣な私を認めて!」「真面目にゴルフに取り組んでいるからこそのイライラなんだから受け入れて!」と思う女性もいるかもしれませんが、男性の目は思っている以上にシビアです。

2:あからさまなお世辞が多い

イメージ/Getty Images

ラウンド中は、同伴者のナイスプレーを褒めるのもマナーですよね。しかし、必要以上に“おべっか”を使っているのがわかる“あからさまなお世辞”が多い女性は、男性からは警戒対象になりやすいのです。

「誰にでも同じことを言っていそう」「男性を相手にすると、平気でお世辞を並べるのか。軽そうな人だな」などの憶測も呼びやすく、友人としては付き合えても「恋人として」となると、ためらいを感じる男性も少なくありません。

褒められて悪い気になる男性はいませんし、モテの基本は「褒め」なのも確かではありますが、やりすぎてしまった時点で逆効果になりかねない典型でしょう。

3:プレー中にスキンシップが多い

スキンシップは、気になる男性に自分を意識してもらう“とっておきのモテテク”でもあります。しかしプレー中にスキンシップを多用してしまうと、いかにも男性慣れしている様相を醸してしまい、モテるどころか警戒する男性も続出。ナイスプレーの際にハイタッチをする程度なら自然でも、カートで移動中にやたら手や脚に触れたり、背中や肩を触ったりなどの過剰なボディタッチは、強烈な違和感をもたらす場合も少なくありません。

男性がその場では嫌がっている様子がなくても「軽い女性」「馴れ馴れしい」などのネガティブな感想につながりやすく、友人としては問題なくても、自分の恋人にするとなると考えてしまう男性も多いのです。

私たち女性が「友達ならいいけれど、恋人にするのはちょっと……」と思う男性がいるように、男性たちも女性ゴルファーの振る舞いを見ながら「友人どまりor恋愛対象」をさりげなく判断しているものです。気になっている男性とのラウンドでは、舞い上がってしまい、普段とは異なる過剰なモテテクに走ってしまう女性もいますが、それこそが「友達どまり」のジャッジメントにつながる危険な振る舞いにもなりがちでしょう。

ラウンドをともにすると、相手の“人となり”がわかりやすいとも言われているだけに、うっかり誤解を招く行動をしてしまって、せっかくの恋のチャンスを逃さないようにしたいものですよね。

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

◆Regina2020秋冬号をkindle版で読む!