トップアマに聞く【ヘタな人とのゴルフ、正直イライラしませんか…?】

歯科医という職業をもちながら、数々のアマチュア競技に出場し幾度も優勝を経験。所属しているゴルフ場では、男性と同じティから回ってクラチャンの座にも輝いたトップアマ・塩田美樹子さん。しかも美人とくれば、Reginaとしては注目せずにはいられないわけで……。

いざ出陣! 憧れの塩田さんに、ゴルフにまつわるあれこれを教えてもらいましょう!

【こちらもチェック!】トップアマ・塩田美樹子に聞く!バックナンバー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dfd27fae772f68bf8bb985607531cb69-1-1024x575.jpg

Q.ビギナーとゴルフするのは正直、イヤですか?

シングルプレーヤーの塩田さん。普段は同レベルの方たちとプレーされていると思いますが、たまにはすごくヘタな人と回ることもあるかと。

自分のペースを崩されそうだし、正直、イヤですよね……。ビギナーの私としては気になります。どんな気持ちになるか、ホンネを聞きたいです!

A . 周りを気にせず、思い切り楽しんでほしい

「プレーに時間がかかって調子が狂うし、差がありすぎてつまらないから、ヘタな人とはできれば回りたくない」

心の中でそう感じているのでは? と、思われるかもしれませんが、正直に申し上げて、そういう気持ちはまったくありません。

むしろ、そういう方たちのほうが私のことを気にしすぎて、「足をひっぱったせいでミスをしたのでは?」などと、私のミスを自分のせいだと恐縮されたりすることも少なくなく、かえって気を使わせてしまっているかも。

ミスはすべて自分のせいであり、同伴者がどれだけ大叩きしようと、ミスショットを連発しようと、ペースを乱されるということはありません。私の周りの競技仲間もまったく同じ気持ちだと思います。

そんなことより、今日一日のゴルフを心から楽しんでほしい。そのためにも、いいショットが出れば積極的にほめたり、一緒にボールを探したり、訪ねられればワンポイントアドバイスをしたり。

できるだけコミュニケーションをとり、楽しんでもらえるよう心を配っています。

とはいえ、気を使ってわざと飛距離を抑えたり、ミスをするなどの忖度は一切しませんよ。

私は私で真剣にプレーする。相手がどんな方でも、それが礼儀だと思います。

私のプレーを見て、もっとゴルフを好きになってくれたら、それ以上に嬉しいことはありません。

教えてくれたのは、トップアマ・塩田美樹子さん

1982年生まれ、神奈川県出身。両親の影響で、10歳からゴルフを始め、競技に出場。全日本歯科学生総合体育大会4度連続優勝。2013年日本女子ミッドアマ優勝。2017年日刊アマ全日本大会(ミッドの部)、神奈川県女子ミッドアマ、日本女子ミッドアマ優勝。2018年神奈川県女子ミッドアマ、日刊アマ関東大会優勝。ベストスコアは66。所属している葉山国際カンツリー倶楽部では、男性と同じティから回ってクラブチャンピオンに。2013年に「日本女子ミッドアマ」に優勝した翌年は、なんと「日本女子オープン」にも出場。2020年開催の「内閣総理大臣杯第51回日本社会人ゴルフ選手権関東予選」では、唯一の女性出場者として注目を浴びた。

撮影/竹井美砂子 取材・文/たかはしよし子