ツヤ髪でラウンド|優秀ヘア製品の選び方とおすすめ3選

風が強い日や湿度が低い日には、ラウンド中に髪のごわつきが気になる女性が多いですよね。朝、きちんとスタイリングをして出ても、外気にさらされる時間が長くなるほど、扱いにくい髪を痛感する人も多いでしょう。また、ゴルフはスポーツなので、気づかないうちに、髪に汗や外気の影響による不快臭がついてしまうこともしばしば。

そこで今回は、女性ゴルファーのラウンドに備えるヘアケアグッズの選び方を、私のおすすめ商品とともにご紹介します。

関連記事:ラウンド後のガサガサ髪に使いやすいヘアケア製品3選

合わせて読みたい:高濃度美容成分配合のソープ&マスクで、髪もボディもうるおうトータルケアを実現!

1:シャンプーは「ツヤ」重視で選び、季節感のある香りを添えて

ラウンド前やラウンド後に使うシャンプーは、ガサガサ髪になりやすい季節ほど「ツヤ」重視で選びたいところ。日常生活を送っているシーンと比べると、外気や汗などの影響で、スポーツをしているときには髪のパサつきを感じやすい女性も多いですよね。

さらに、洗い上がりにツヤのあるシャンプーであることに加え、季節感のある香りまで加わっていると、そのトレンド感によって、ご機嫌に過ごせる女性も多いのではないでしょうか。

今の時期なら、春を先取りする香りがおすすめ。『ダイアンパーフェクトビューティーミラクルユーサクラ』は、昨年に続き、この時期に限定品として発売された春を感じるチェリーブロッサムの香りが印象的なシャンプーです。

桜の開花まではまだ時間がある今の時期には、季節感を先取りするような香りが髪から香ると、気分も前向きになりやすくおすすめ。こちらのシャンプー・トリートメントは、髪に近い成分でできた「シャイニングケラチン」を配合し、輝くツヤ髪へと導くだけでなく、「ピオニー花エキス」が紫外線ダメージによる乾燥も防ぐので、ラウンド中のヘアケアへの意識を向けたい女性にも最適だと思います。

2:アウトバストリートメントは、夜のうちに仕込んで朝の時短につながるものを

ラウンドがある日の朝は、とかく慌ただしいもの。きちんと手をかけて髪をスタイリングしたくても「時間がない!」というのも、ありがちですよね。朝のスタイリングを格段にラクにするなら、夜のうちにアウトバストリートメントを仕込んでおくのがポイント。さらには、朝のスタイリングが時短で済むように、“まとまり”重視のアウトバストリートメントを選ぶと、ラウンド中のごわつきを防ぐコツにもつながります。

「ジェミールフラン メルティバター」は、シャンプー後、ヘアドライをする前の髪に使うことで、髪をまとまりよく乾かしながら、そのまとまりを記憶するよう導くアウトバストリートメント。「モイストモリンガバター」を配合することにより、髪が冷えたときに形状を記憶できるようにつくられている製品です。ヘアドライ後のまとまりを、そのまま朝にもキープしたい人には、便利な製品だと思います。

3:ヘアフレグランスは、TPOを考慮した甘すぎない香りを

スポーツシーンで、髪から漂う汗のにおいをカバーしたいときに便利なのが、ヘアフレグランス。しかしレディース用のヘアフレグランスには、デートシーンやナイトシーンにふさわしい甘い香りのものも多く、スポーツシーンではトゥーマッチな印象を与えてしまうものも。また、甘い香りと汗のにおいが混ざってしまうと、不快臭にも感じやすいでしょう。

そのため、ゴルフシーンで髪からふんわりと香らせるならば、TPOを考慮して、男性からの好感度も上がるようなスッキリとした香りをセレクトするのがおすすめです。

『オーセンティック ビューティ コンセプト オードトワレ』は、ベルガモット、フリージア、ムスクをブレンドした、大人っぽく高級感のある香りが特長。甘さは感じにくく、スッキリとした、やや中性的な香りだと思います。汗と混ざったときに、甘ったるくなることなく、シンプルに香り続けるところも◎。

さらには、ヘアだけでなく、ボディにも使えるので、統一感のある香りのおしゃれを楽しめます。シリコーンや鉱物油、パラペンを使っていないことから、ナチュラル好みな女性でも使いやすいと思います。

ラウンド前のヘアスタイリングを時短で整えたり、ラウンド中の好感度をキープしたりといった「小ワザ」のきくヘアケア製品が手元にあると、女性ゴルファーにはなにかと便利なはず。よろしければ、お買い物の参考になさってみてください。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。

◆この記事で紹介した商品の購入はこちらから


◆Regina2020秋冬号をkindle版で読む!