LとかAってなにが違うの?【女性ゴルファーのためのシャフト講座】

「がんばって振っても飛ばない」「いつまでたってもうまくならない」。その理由は、シャフトが合っていないからかも!? 事実、ゴルフがうまい女子の間では、シャフトにこだわる人が増えているとか……。

そこで「Regina」では、女性にとってのシャフトに注目! 素朴な疑問を、プロに分かりやすく解説してもらいます。

「シャフトのことなんて、考えたことない」「なんだか難しそう」とスルーしていたあなた。シャフトを知れば、あなたのゴルフがワンランクアップするはず!

【女性ゴルファーのためのシャフト講座】バックナンバーはこちら!

【第2回】シャフトには女性ならLやA、男性にはR、S、Xとありますが、具体的になにが違うの?

A)単純に、“硬い”か“軟らかい”かの違い。軟らかいほどしなります!

ゴルフクラブのシャフトに、LやAがあることは、ご存じの方も多いでしょう。専門用語では「フレックス」(硬さ)と呼ばれる、シャフトの硬さの指標です。

Lがもっとも軟らかく、続いてA、R、S、Xと続くに従い、硬度が増していきます。ブランドによってはAとRの間にはR2、RとSの間にSRなどがあったり、Xの上にはXX、XXXなんていうのもあるんですよ。

では、硬さによってなにが違ってくるのかということですが、軟らかいほどしなりやすいです。シャフトがしなると、スイング中にしなり戻りが生じるので、しなりが多いほど、インパクトでヘッドのロフトが上を向き、球が上がります。シャフトがしならないと、ヘッドが走らないのでヘッドスピードが上がらずパワーも出ません。

シャフトがしなるとインパクトでしなり戻りにより、ロフトが上を向くので、球が上がる。 ヘッドも走るので飛距離も出る。

硬いシャフトでは、女性の力では十分しならせることができず、ロフトは立ったままで球が上がらない。ヘッドも十分に走らせることができない。

たとえば、釣り竿と木の棒でスイングすることを想像してみてください。釣り竿は軟らかいのでよくしなり、振ると先端のしなるスピードがとても速いですよね。硬い木の棒を振っても、全くしならないので速く振れません。その分強く叩けない。ただし、木の棒の方が暴れないので、目標とするものを正確に叩けます。

つまり、

◆しなりの量=大きいほどエネルギーも大きくなる=飛距離と球の上がりやすさがアップ

◆しなりの量=大きいほどブレやすい

両方のことが言えます。

では、女性はどのフレックスをチョイスするべきなのでしょうか。

先ほども説明したように、シャフトのしなりの量が大きいほど飛距離が出ますから、とくにドライバーに関しては、いかにしならせることができるかが大前提。(ドライバー以外のお話は、またの回にお話しします)

そしてほとんどの女性にいえることはとにかく“L”から始めること。

「私はパワーがあるから」と、Rなどを使う方も見かけますが、ハッキリ言ってオーバースペック。しならせることができないので、飛距離はがくんと落ちてしまうでしょう。

ですから、もしもLが物足りなく感じても、いきなりRに行かず、Aを試してみてください。Aで結果が出なければ、またLに戻ることも考えましょう。また、同じLでも、メーカーによってかなり差があるので、いろいろ試して自分に合うLを見つけてくださいね。  

さらに、シャフトの長さや重さ、しなる場所も飛距離に大きく影響します。次回はまず、長さについてお話します!

◆教えてくれたのは 林佳世子プロ

JPLAドラコンプロ。ドライバー最高飛距離299ヤード。ベストスコア65。数々のドラコン選手権で優勝。東京・赤坂の「✓d Golf Academy」(route-d.com)にて、飛距離アップをはじめ、スコアアップのためのレッスンを指導するほか、テレビ、雑誌などで活躍中。Instaglamはコチラ!→(@kayoko00

◆監修 浦大輔プロ

身長170cm。ドライバー最高飛距離420ヤード。ジュニア時代、数々の試合で優勝経験をもち、東北福祉大学に特待生として入学し、ゴルフ部に入部。現在は、物理学、スポーツ力学、ゴルフクラブのメカニズム、体の構造を研究した、独自のゴルフ理論で、多くのゴルファーのスキルアップをサポート。東京・赤坂の「✓d Golf Academy」(route-d.com)ヘッドコーチ。YouTube 「かっ飛びゴルフ塾」配信中。

◆女性専用シャフト「ELDIO」にも注目!

女性ゴルファーのシャフトへの関心が高まる中、昨年10月、女性専用シャフト『ELDIO(エルディオ)』が三菱ケミカルから誕生。2モデル×4スペック×3カラーと充実のラインナップ。注目を集めています。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.