森田理香子直伝「体を揺さぶる体重移動はリスク大!その場で回る感覚でOK」

ツアー通算7勝を挙げ、2013年には賞金女王となった森田理香子プロ。ツアーでも屈指の飛ばし屋として活躍していました。体を使ったスイングをすることで20ヤードの飛距離アップは可能という森田プロ。昔からよく耳にする“体重移動”について、森田プロが解説してくれました。

森田理香子プロ

森田理香子プロ直伝のレッスンを見る!

バックスイングは頭の位置を変えないで

一般的に、ボールを遠くに飛ばすためには、体重移動が大切とよく言われます。『バックスイングで右足に体重を乗せて、ダウンスイング以降は左足に乗せて』と。体を大きく揺さぶるイメージですよね。しかし、私は、そういう体重移動の意識はいらないと思っています。とくにバックスイングでは。

女性の方でも飛ばそうとして、バックスイングで頭ごと右に動かす方もいます。体を横に動かして、その反動でボールに大きな力を伝るという考えは分かりますし、実際に飛ぶかもしれません。けれど体を横に揺さぶることで、ダウンスイングで戻すときに、ヘッドが構えたところに戻りにくくなり、フェースの芯に当たらなかったり、スイングのバランスを崩してミスショットが出たりと、結果的に飛ばないなんてこともあります。

私の考えでは、お腹や背中、腰など体の大きな部分を回して振るので、スイングは回転重視です。アドレスした時にスタンス幅の筒があって、その筒の中から出ないように回っている感覚です。

ですから、スイング中は頭を大きく動かしません。インパクト以降は腰を回していくので自然と頭は左に動きますが、特にバックスイングではアドレス時の頭の位置を変えないことをオススメします。

体の大きな部分が右に回れば、自然と体重も右サイドに多く乗ります。その体重移動だけでも十分ボールに力を伝えられますし、なおかつフェースの芯でとらえる確率も高くなります。

構えたときにスタンス幅の筒の中に入っているイメージをして、その筒から出ないように体を回転させる。森田プロのスイングを見るとインパクト後まで頭の位置はほとんど変わらない

頭の位置は変えずに、お腹や背中、腰など体の大きな部分を回す。回すだけでも右への体重移動は行われている。頭が動くほど右サイドに体重を乗せるとミート率が悪くなりやすい

現役時代の目標は体重70キロ…でも66キロが限界でした

体重移動の話に関連してですが、体重は多い方が飛びますか?という質問を受けます。米国男子のブライソン・デシャンボー選手が、体を一回りも二回りも大きくして飛距離を伸ばしていると、話題になっていますよね。

もちろん人にもよりますが、全員が全員、体重が増えれば飛ぶというわけではないと思います。ツアープロを見ていても、体が大きくても方向性重視の選手もいますし、小さくて細い選手でも飛ぶ人はいます。やっぱり体の使い方なのだと思います。

現役時代、私は体重を70キロにすることを目標にした時期があります。1日7食ぐらい食べて、走ったり、トレーニングしてといろいろやりました。しかし、66キロが限界でした。体は大きくなりましたが、スイングのキレがなくなったり、シーズンを連戦するのが苦しかったのを覚えています。結局、ベスト体重は50キロ台ということになりました。

太ければいいというわけではないんです。体は小さいより大きい方が飛距離は伸びやすいと思いますが、太りすぎはよくないと思います。ただし、最低限の筋肉は必要です。女性の方で、今まで筋肉を増やした経験のない方は、筋肉量を増やすだけでも確実に飛距離は伸ばせると思います。

スイングのイメージを作りやすい練習器具の使用はオススメです

話しはがらりと変わりますが、最近、練習器具を使っています。手先を使わずに、体の回転でスイングするイメージを作るための器具です。見た目は一本の棒で先端に丸いボール、反対側にグリップがついています。そしてグリップ付近から曲がるようになっています。

ボールを左腕のツケ根あたりに当てて、グリップは普通に握ります。ボールを当てたままスイングすると、手先を使わずに体を使ってスイングができます。手先でクラブを上げようとすると、ボールが外れてしまいます。体を捻って上げれば外れません。つまり、アドレス時の手元と肩の距離を変えずに振ればいいということです。手打ちだと手元が体に近づいてきます。実際のスイングでもその意識をすると、いいスイングができます。

私は通信販売で買いましたが、ゴルフショップに行ってもいろいろな練習器具があります。スイングの動きが分からないとか、悪い癖を直すためには練習器具は有効だと思います。自分に合った練習器具があったら、試してみる価値はありますよ。

スイングの動きが分からないときは練習器具を使うのは有効。森田プロは、先端に丸いボール、反対側にグリップがついた練習器具を使って体を使ったスイングの感覚をつかんでいる

器具のボールを左腕のツケ根あたりにつけて、片方は握る。ボールが離れないように振ると体を使ったスイングができる。ボールが外れると手打ちの証拠と分かりやすい

森田理香子プロフィール

もりた・りかこ/1990年1月8日生まれ、京都府出身。ツアー通算7勝。2008年にプロ入り。10年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」でツアー初優勝。13年には年間4勝を挙げ、23歳で賞金女王に輝いた。18年を最後にツアーから撤退し、現在はゴルフウェアのプロデュースや、ゴルフ中継の解説などで活躍している。スイングの動きを見直したら、ドライバーの飛距離は現役時代より10ヤード伸びたという。

撮影/福田文平 取材・文/小高拓