ユーティリティが当たらないときはボールの位置をチェック!

現在ツアープロとして活躍中の林菜乃子プロ。今季はトップテン入りが5回と初シード獲得に向け、成長著しい姿を披露しています。身長154センチと小柄な林プロですが、パーセーブ率は約87%と高い数字を残しています。堅実なゴルフスタイルはまさにアベレージゴルファーのお手本といってもいいでしょう。そこで、スコアメイクに必要な12個のエッセンスを林プロに紹介してもらいます。

第3回はユーティリティのミート率を高める方法です。

林菜乃子プロ

林菜乃子プロのレッスンをもっと見る!

お悩みポイント→打ち込んだほうがいいのか、払い打ちがいいのか分からない

お助けポイント→フェアウェイウッドでの払い打ちに近いと考えましょう!

ユーティリティはロフトや長さ的にアイアンとフェアウェイウッドの間にあるクラブです。最近は女子プロでも5、6番アイアンの代わりにユーティリティを入れている人が少なくありません。私も5番アイアンの代わりにユーティリティを入れているんですよ。

ロングアイアンよりも重心位置が低く、ボールが上がりやすい設計になっているので、非常に使いやすいクラブです。パー5でティショットがラフにつかまったときや、長めのパー3でのティショットで活躍してくれますからね。私にとっては最も使い勝手のいいクラブだといえるでしょう。

レディスゴルファーにとっても大きな武器になると思いますが、アイアンとフェアウェイウッドの中間にあるクラブだけに、払い打ちのほうがいいのか、上から打ち込むほうがいいのか迷うところです。私はウッドのように払い打つ感覚を持つとボールが上がりやすく感じますね。実際、そうやって打つことにより、クラブのロフト通りの弾道が出ています。

ポイントはダウンスイングで体が起き上がらないように前傾姿勢をキープしたままインパクトを迎え、フィニッシュまで振り抜くこと。そのままドライバーショットと同じようにフィニッシュで2、3秒静止するイメージを持ちましょう。あくまでもクラブに仕事をさせて、ボールを飛ばそうとから高く上げようとしないことが大切です。

ユーティリティが当たらないときはボールの位置をチェック! 画像①

ユーティリティはフェアウェイウッドのようにボールの横からヘッドを下ろし、払い打ちのイメージで打ちましょう。

お悩みポイント→ボールの頭を叩くミスが多いんです!

お助けポイント→ボールを1個分右に置いてみましょう!

フェアウェイウッドと同じ打ち方で構わないと言いましたが、一つだけ違いがあります。それはボールの位置です。ここで改めて確認しましょう。

ドライバーショットでは左足カカトの延長線上にボールをセットします。フェアウェイウッドではそれよりもボール1個分右に、ユーティリティではさらにボール1個分右に置きます。

ユーティリティでボールの頭を叩くトップやチョロといったミスが多く出る人は、フェアウェイウッドと同じ位置にボールを置いている可能性があります。まずはボール1個分右に置いてみましょう。

また、ボールの手前をダフリ気味の人は、ボールを右に置きすぎていると思われるので、ボール1個分左に置いてみましょう。

ユーティリティに限りませんが、ミスが出たときはスイングに問題があると考える前に、まずはボールの位置を変えることをお勧めします。ただし、私が説明したボールの位置はあくまでも目安です。その人の身長や腕の長さによって適した位置が変わるため、説明した位置を基準にして、自分なりに打ちやすいボールの位置を見つけましょう。

ユーティリティが当たらないときはボールの位置をチェック! 画像②

ボールの位置はフェアウェイウッドのときよりもボール1個分右が正解です

ユーティリティが当たらないときはボールの位置をチェック! 画像③

フェアウェイウッドと同じ位置に置くと、ボールの頭を叩きやすいので要注意!

ユーティリティが当たらないときはボールの位置をチェック! 画像④

ボールを右に置きすぎると、ボールの手前を叩くダフリが出るので気をつけましょう

ユーティリティが当たらないときはボールの位置をチェック! 画像⑤

ボール1個分移動するだけで、ミート率が変わるんですよ

撮影/村上悦子 取材・文/山西英希 取材協力/太平洋クラブ御殿場コース、チームセリザワゴルフアカデミー

◆教えてくれたのは…

林菜乃子プロ はやし なのこ/1997年生まれ。神奈川県出身。ユピテル所属。現在ツアープロとして活躍中。今季はトップテン入りが5回と初シード獲得に向け、成長著しい姿を披露。身長154センチと小柄だが、パーセーブ率は87・1%と高い数字を残す。