ユーティリティの基本の打ち方【アイアンが苦手な女性ゴルファー必見レッスン】

アイアンが苦手な女性ゴルファー必見のユーティリティレッスンをお届けします。 教えていただくのは、プロギア サイエンス・フィッティング公認インストラクター 伊藤真里さん。ユーティリティの基本をマスターすればどんな場面でも焦らず打てますよ。

残り100ヤードはユーティリティでミスなく乗せよう!【アイアンが苦手な女性ゴルファー必見レッスン】

【キャリーとランで乗せる!基本の打ち方】飛距離はグリップで調整しよう

手持ちクラブの番手(4U〜7Uなど)やロフト(メーカーによって、同じ番手でも違う場合あり)、スイングのパワーによって、飛距離が変わりますが、まずはフルショットの打ち方をマスター。飛びすぎるようなら、徐々にグリップを短くして、距離を合わせましょう。

◆【グリップのポイント】ほぼフルショットの場合

いつもどおりの長さでグリップ。スタンスは肩幅で、ボール位置は左カカトより少し中に入れます。重心は左右均等でOK。

【グリップのポイント】 短く打ちたいショットの場合

短く握ったぶん、クラブも短くなるので、ボール位置を真ん中寄りにセットしましょう。基 本のままだと届かずトップしてしまいます。

◆短く握ると振り幅が小さくなる。つまり飛距離も短くなります

短く握るとスイングアークが小さくなるので、飛距離も減る、というシンプルな考え。こぶしひとつぶんで、5〜10ヤードくらいの違いが目安です。ただし人それぞれ違うので、練習場などで確認しましょう。

【しっかりつかまえたいなら】フェースを閉じてテークバック

多少ミスしても、前に行ってくれるのがユーティリティの魅力ですが、それでもボールがちゃんとつかまらない人は、クラブの上げ方をチェック。ポイントは、テークバックでフェースを閉じて、つまり、フェースがボールに向いたままクラブを上げましょう。

腰のあたりまでクラブを上げたときも、フェースが下を向いていればOK。何度も素振りして、自分の目で確かめると、イメージがつかめます。これはすべてのショットに共通するので、しっかりマスターしましょう。

【ココに注意!】

手だけを使ってテークバックすると、フェースが開いてしまいます。トップの位置も低くなり、結果、インパクトでフェースが右を向き、もっとも避けたいシャンクのミスに……(写真左2番目〜4番目)。一方、開いたフェースを無意識に閉じようとして(写真左)ダフる、というケースもありがちです。

◆距離感やクラブの使い方は、練習場で試してみましょう

□ 短く握ると飛距離はダウン。ボール位置は変えて

□ しっかりつかまえるにはフェースをボールに向けたまま上げる

◆教えてくれたのは・・・

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DMA-BF2_2895-150x150.jpg です
キャプションを入力…

伊藤真里さん・プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター。東京・銀座にある「PRGR GINZA EX」にて、スイングスキャン(モーションキャプチャー)を用いたレッスンを行い、初心者からシングルまで、幅広いレベルから支持されている。

撮影/福田文平 取材・文/たかはしよし子 撮影協力/平川カントリークラブ(日神グループ)

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.