パットはストロークの振り幅とスピードを一定にしてみよう!

地元・広島では行列のできるレッスンプロとして、アベレージゴルファーのカリスマ的存在である木原睦美プロ。その分かりやすいレッスンは、Regina読者にも大人気です。今回、木原プロが教えてくれるのは、あなたのゴルフをワンランクアップさせる“数値”に基づいたレッスンです。

第7回は「カップインできるパッティングのストローク」について説明します。

木原睦美プロ

◆シャフトの刺さっているところが目印

パッティングで最初に身につけてほしいのは、5ヤード、10ヤード、20ヤードの距離感です。私が生徒さんにレッスンする際、基準となっているのが右足ツマ先の前から左足ツマ先の前までの振り幅で5ヤードを打つことです。

その際に必ずといっていいほど生徒さんからある質問がきます。「パターヘッドのどこにツマ先を合わせたらいいのでしょうか?」確かに、ピンタイプのように幅の小さいヘッドなら分かりますが、最近の大きなヘッドを持つマレットタイプだと、フェース側なのか、バックフェース側(フェースの反対側)なのか、あるいは真ん中辺りなのか、迷うところです。実際、フェース側に合わせるのとバックフェース側に合わせるのとでは、振り幅が大きく異なりますからね。

そこでお勧めしたいのが、シャフトがヘッドに刺さっている位置です。ここを基準にすることで、どのタイプのヘッドを使っても常に同じ振り幅になります。

ただし、振り幅にはもう一つ問題があるんです。それはスタンス幅です。スタンスが狭いときと広いときとでは、同じ右足ツマ先から左足ツマ先の振り幅でも大きく異なりますよね? やはりどんなグリーンでも常にスタンス幅を一定にすることが大切です。私が皆さんに伝えているのは、両足の間に横にした一足分の足が入るぐらいのスタンス幅です。これなら、どんなときでも同じスタンス幅で構えられると思います。

パットはストロークの振り幅とスピードを一定にしてみよう!画像①

どんな形状のパットでもシャフトが刺さっているところを目印にして、そこが右足ツマ先から左足ツマ先が動く振り幅で5ヤードを打ちましょう

パットはストロークの振り幅とスピードを一定にしてみよう!画像②

両足の間に足を横にした状態での一足分が入るスペースを常につくると、いつも同じ振り幅でストロークできます

◆5、10、20ヤードの距離感をつかもう!

振り幅とスタンス幅が決まったら、あとは距離計測器を使って、きっちりと5ヤードを打てるように練習しましょう。私はショットもパットもヤードで距離を表したいのですが、距離計測器はメートルで表示しています。メートルの感覚で距離感をつくるのではなく、あくまでもヤードで距離感をつくりたいので、一度メートルに換算して下さい。したがって、5ヤードなら4・5メートルの表示が出るように打ちます。

5ヤードを打てたら、次は10ヤードです。距離計測器では9メートルの表示が出るのが正解です。5ヤードを打つときのテンポのまま振り幅を倍の大きさにするのがポイントです。大切なのは、距離表示計が9メートル以上となったときにスピードを緩めないこと。スピードを緩めると、ヘッドがスムーズに動きません。自転車が走る姿を想像して下さい。普通にペダルをこいでいるときはフラつきませんが、ペダルをゆっくりと踏みながらスピードを落として走るときは自転車自体がフラつきますよね? それと同じように、ヘッドもフラつくのでフェースの芯でボールをとらえることができなくなります。

あくまでもストロークのスピードを一定にして、振り幅で距離をコントロールするようにしましょう。

ただし、20ヤードを打つときに振り幅を10ヤードの倍にはしません。10ヤードを打つときと同じ振り幅で、ストロークのスピードを上げていきましょう。距離計測器が18メートルを指すようにストロークします。

5ヤード、10ヤード、20ヤードを打てるようになったら、その間の距離を振り幅とスピードを変えていきながら、自分なりの距離感をつくります。これも距離計測器を使うことでより正確な打ち分けが可能になります。

パットはストロークの振り幅とスピードを一定にしてみよう!画像③

5ヤードを打つときは、距離計測器で4・5メートルの表示が出るように打ちましょう

パットはストロークの振り幅とスピードを一定にしてみよう!画像④

ストロークする際は、ヘッドのスピードが緩まないように心がけましょう

◆教えてくれたのは…

木原睦美/広島県を拠点に全国を飛び回る人気のティーチングプロ。生徒からは「むっちゃん」の愛称で親しまれ、多くのゴルファーをオンライン・オフラインで指導している。

YouTube「木原睦美のHappyゴルフ」で、独自のゴルフ理論を展開中。公式LINEアカウントも開設!

撮影/福田文平 取材・文/山西英希 撮影協力/アコーディア・ガーデン東京ベイ、ユピテル ゴルフスイングトレーナー(GST-7 BLE)