ダウンスイングで起き上がらないコツは左右のお尻にハリをつくって切り返す

今後も期待のかかる若手女子プロにスポットを当てます。今回も、ショット力を武器に戦う松田鈴英プロです!女子ツアー屈指のショット力を誇る松田プロ。肩をタテに回して高いトップをつくったら、次のポイントは切り返し。意識するのはお尻です。左右のお尻にハリをつくることで、体が浮かず分厚いインパクトができるようになります。その詳しいポイントを教えてもらいました!

合わせて読みたい:【松田鈴英プロ連続写真】 スリムな飛ばし屋! 下半身の筋肉を効率よく使ったコンパクトなドライバースイングをプロコーチが解説!

合わせて読みたい:【松田鈴英のライン出し!】上体を回すドリルに挑戦してみよう

◆切り返しの瞬間に前傾をさらに深める

正確性を落とさず飛ばすために、ダウンスイングで体が浮かないように注意しています。体が起き上がってしまうと手元が浮いて球が左右に曲がりやすくなるからです。

大切なのはお尻のハリ。まず、バックスイングからトップにかけて、右のお尻にハリをつくります。ハリがないと、ダウンスイングで骨盤が前に出て体が浮く原因になります。右のお尻を張ったら、切り返しでは左のお尻にもハリをつくるように体を動かしましょう。右のお尻の位置まで、左のお尻を後方へ下げていくイメージです。切り返しで一瞬、左右のお尻にハリがある状態をつくることができれば、ダウンスイングで体が浮きづらくなるはずです。

よく、「ダウンスイングは前傾キープ」といわれますが、私は切り返しでさらに前傾を深くする意識を持っています。それくらい大胆に体を屈めることで左右のお尻にハリをつくることができ、結果的に体が浮かず、当たりが分厚くなります。みなさんもぜひ試してみてください。

【ポイント1】トップでは右のお尻にハリを出す

右のお尻にハリがないトップは、ダウンスイングで骨盤がボール方向に流れて、体が起き上がる原因になる。

【ポイント2】右尻の位置まで左尻を引く

切り返しで左右のお尻にハリができれば、ダウンスイングで体が浮かない。右のお尻の位置まで左尻を後方へ下げていくイメージだ。

【ポイント3】インパクトは左ヒザをピンと伸ばす

左右のお尻にハリをつくって切り返すと、両ヒザが曲がった状態になる。ダウンスイング中に曲がった左ヒザをピンと伸ばすことで、力強くインパクトできる。

◆教えてくれたのは…

松田鈴英 まつだ・れい/98年生まれ、滋賀県出身。昨シーズンは、ドライビングディスタンス3位(253.41y)の飛距離とパーオン率6位(74.4553%)のショット力を武器に賞金ランキング32位に。2年連続で賞金シードを獲得

.

ALBAドライバー・アイアン・アプローチぜんぶ女子プロに教わろう! 2021年版掲載 編集/島村涼 撮影/相田克己 岩本芳弘 上山敬太 佐々木啓 鈴木祥 近澤幸司 福田文平 村上航 米山聡明 Getty Images

◆この記事をもっと読むなら!

◆Regina2021春号絶賛発売中!