転がし技&高くあげたいときのユーティリティの打ち方【アイアンが苦手な女性ゴルファー必見レッスン】

プロギア サイエンス・フィッティング公認インストラクター 伊藤真里さんに教えてもらう「ユーティリティ」レッスン。今回は、転がしたいとき&高く打ち上げたいときのテクをご紹介。シーン別の打ち分けができると、ゴルフがもっと楽しくなりますよ!女性ゴルファー必見です!

ユーティリティの基本の打ち方はコチラから→ユーティリティの基本の打ち方【アイアンが苦手な女性ゴルファー必見レッスン】

【Scene01/コロがし技】スタンスは狭くパター感覚で打とう

ゴルフでもっとも安全なのがコロがし。短めの距離で9Iやウェッジを使いたくないなら、ユーティリティでコロがしましょう。打ち方はかんたん。スタンスを狭くして、パターのように肩でストローク。ボールに勢いもつくので、グリーン周りの芝にも負けません。

「平らなライなら距離があってもコロがしが安全」(伊藤真里)

◆スタンスを狭くして、パターのように肩でストローク

狭いスタンスでパターのように打つだけ。ボール位置を右にするほどボールが上がります。グリップとボール位置を変えながら、距離感をつかみましょう。

◆ココに注意! 頭は動かさない

クラブと一緒に頭が動いてしまうのも、女性にありがちなミス。パターより長いので、カラダがつられそうになりますが、ガマンです。

◆欲張りゴコロはミスのもと

遠くまでコロがそうとして、カラダを使いすぎるとインパクトがズレます。ロフトが勝手にボールをコロがしてくれるので安心を。

【Scene02/高く上げたい】短く持って、上から打ち込む

グリーンの周りにガードバンカーや池があるときは、高く上げてキャリーを稼ぎ、ランは少な目というのが理想。ボールを高く上げるには、短く握って上から打ち込むイメージで。ショートしないよう、ピンまでの距離より長めに打てる番手や距離感をイメージしましょう

「アドレスで高いところを見るといいですよ」(伊藤真理)

◆上からコンパクトに打ち込む

クラブを短く持った分、ボール位置は真ん中に。払い打ちではなく、上からボールを叩くイメージで、コンパクトにスイングしましょう。ダウンスイングでワキを締める意識をもつといいでしょう。

◆「ボールの上からフェースをかぶせるように叩くと上がりますいつものように払い打ちだと上がりません」(伊藤真里)

◆教えてくれたのは・・・

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DMA-BF2_2895-150x150.jpg です

伊藤真里さん・プロギア サイエンス・フィット公認インストラクター。東京・銀座にある「PRGR GINZA EX」にて、スイングスキャン(モーションキャプチャー)を用いたレッスンを行い、初心者からシングルまで、幅広いレベルから支持されている。

撮影/福田文平 取材・文/たかはしよし子 撮影協力/平川カントリークラブ(日神グループ)

おすすめの記事