2年連続賞金王・今平周吾の単純明快レッスン 「アベレージゴルファーがスコアを10打縮める12の秘策」 【7】バンカーショットではフェース面を目標の右に向けて構えましょう

2年連続賞金王のタイトルを獲得した今平周吾プロが行う単純明快レッスン。第7回のテーマはバンカーショットの基本です。

ポイントはクラブフェースを開くこと。そして、フェース面を目標の右に向けたまま構えることです。その結果、サンドウェッジのバンス(ソールの膨らんだ部分)を利用できるので、女性のように力の弱い人でも砂の爆発でボールを脱出できます。

【バックナンバーをチェック!】今平周吾の単純明快レッスン「アベレージゴルファーがスコアを10打縮める12の秘策」

◆ フェースを開けば、必ずバンスから砂面に当たります!

バンカーショットを苦手に感じる女性ゴルファーは多いと思います。その理由は、サンドウェッジを十分活用していないからです。

本来、サンドウェッジはその名の通り、バンカーショットをするために開発されたクラブです。ロフトが大きい以上に、ソールが膨らんでいることが特徴です。これをバンスと呼びますが、このバンスを砂面にぶつけると、砂が爆発して、大きく飛び散ります。その砂の爆発によって、ボールを出すわけです。

ボールが出ない人は、フェースを開いていないので、バンスを使えません。リーディングエッジからヘッドが砂面に当たり、そのまま砂の中にヘッドが潜るだけです。当然、砂を爆発できず、ボールも飛びません。

バンスを砂面にぶつけることで、砂が爆発し、その砂がボールを運んでくれます。まずはこのことを理解しましょう

それではどれぐらいフェースを開けばいいのでしょうか。

リーディングエッジを時計の短針に例えるなら、1時を指す感じです。30度ぐらいですね。それだけ開けば十分バンスは使えます。この場合、フェース面は目標の右を向き、ロフトが大きくなっていますが、気にせずにそのまま構えましょう。

アドレスでの注意点は2つ。1つはハンドファーストに構えないこと。必ずクラブヘッドよりも両手が右足寄りにきます。もう1つは両手の位置を少し低くすることです。

リーディングエッジが時計の1時を指すようにフェースを開きます。開いたら、そのままフェース面が右を向いた状態でアドレスしましょう

アドレスではハンドファーストに構えず、両手の位置を少し低くします

アドレスまで完成したら、あとは思い切って振るだけです。ただし、注意点が1つあります。

それは、インパクトゾーンでフェースを返さないことです。アドレスではヒール部分が最もボールに近い状態でしたが、ダウンスイングでもヒールからヘッドを下ろしてきます。つまり、構えた形のままヘッドを下ろしてくるイメージです。インパクト後は、そのまま体の回転を利用して振り抜きましょう。

ダウンスイングではヒールからヘッドを下ろしてくるイメージで、インパクトゾーンではフェースを返しません

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.