片岡大育プロ直伝・冬の飛距離アップ大作戦!【4】バックスイングは横回転+縦回転

片岡大育プロによる“飛ばし”レッスン。第4回目はバックスイングがテーマです。

女性ゴルファーの場合、体が柔らかいこともあり、体を横に回しがちですが、それだとボールに力が伝わりにくい傾向があります。実は縦回転のほうが、飛ばしには有効なんです。

今回は『横回転+縦回転』の力で飛距離を伸ばす方法を紹介します。

「片岡大育プロ直伝・冬の飛距離アップ大作戦!」バックナンバーをチェック

◆ヘッドを目標の反対に 引いてみましょう

バックスイングでは肩を水平に回すのが正しいと思っていませんか? これは体が硬い人には有効かもしれませんが、体の柔らかい人には不向きです。

なぜなら、極端にクラブヘッドをインサイドに引いてしまうからです。その結果、ダウンスイングではクラブが横になった形で下りてくるので、クラブフェースが開いたままインパクトを迎えてしまいます。

当然、ボールは真っすぐ飛ばないし、飛距離も伸びません。まずは肩を水平に回す意識を捨てましょう。

肩を水平に回す動きは体が硬い人に有効ですが、柔らかい人だとクラブをインサイドに引き過ぎます

ボールと目標を結んだラインをターゲットラインと言いますが、正しいバックスイングは、このラインに沿ってクラブヘッドを真っすぐに上げることです。

自分は飛ばないと思う人は、ヘッドをとにかく目標の反対に向かって引いてみましょう。その際、左肩が下がっても構いません、肩を縦に回すイメージです。

クラブヘッドをターゲットラインに対して真っすぐに上げるイメージを持ちましょう

クラブを極端なインサイドに引く人は、上体が起き上がって構えていることが少なくありません。

クラブを持たずに直立したら、腕を胸の前で交差させ、上体を左に傾けます。その形から上体を前傾しましょう。胸を右に向けた形が、正しいトップのときの姿勢です。

体を左に倒したら、上体を前傾させてから胸を右に回すと横回転と縦回転を合わせたトップになります

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.