【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・バンカーからの寄せワン編【難しい目玉&左足下がりバンカー】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

【目玉バンカー対策】

◆コックを積極的に使ってスイングしよう

バンカーショットはフェースを開き、ソールにあるバウンスを使って砂を爆発させるのがセオリーです。ただし、この打ち方では通用しないシチュエーションが、目玉になっているときです。

目玉バンカーでは、いつもとは逆にフェースを閉じて構えてください。ボールが深く沈んでいる場合は、45 度くらいフェースを閉じてもOKです。この状態でアドレスし、コックを積極的に使って上からヘッドを入れていきましょう。

すると、ボールの下までヘッドが潜り込み、脱出することができます。フェースが左を向いている分、右を向いて構えると球を真っすぐ飛ばせますよ。

フェースを思い切りかぶせて構え、コックを積極的に使ってスイング。フェースが左を向いている分、右を向いてスタンスをとるのがポイント

【左足下がりバンカー対策】

◆左足下がりではフォローはいらない

目玉バンカーと並んで難しいのが左足下がりのシチュエーション。 球を上げづらい状況で球を上げるには、フィニッシュまで振り切らないことが大切です。

左足下がりのライで一番やってはいけないのが、ボールを上げにいくことです。ダウンスイングで右肩が下がり、ヘッドが低い位置から入ると、ボールのはるか手前の砂を打つことになってしまいます。

ボールを上げようとせず、低い球を打つ感覚でスイングしてください。フィニッシュまで振り切る動きは不要です。インパクトしたらヘッドを低い位置に出していくイメージを持ちましょう。

また、アドレスでは軸を左に傾けておくこともポイント。ボールが上がらなそうと思うかもしれませんが、フェースをしっかり開いておけば、この打ち方でもちゃんと上がります。

アドレスするときにスイング軸を左に傾けておく。スイング中は軸の傾きを変え ないことが大切だ。インパクト後はヘッドを低い位置に出そう
ボールを上げようとすると、右肩が下がって軸が右に傾いてしまう。 これではボールのはるか手前の砂を打つことになる

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.