【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは・バンカーからの寄せワン編【100%脱出の基本ポイント】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

アマチュアゴルファーにとって厄介なシュチュエーションのひとつである“ バンカー ”。練習機会が少ないので、苦手にしている女性ゴルファーも多いのではないでしょうか。ボギーペースでプレーして平均80台を目標にするなら、バンカーショットは1打で確実にグリーンに乗せておく必要がありますよね。

「上からドン!とヘッドを下ろして砂を飛ばす」。バンカーショットで、こういう打ち方をしている人は多いのではないでしょうか。しかし、そのイメージではカット軌道になってしまい、ボールも砂も飛ばしづらくなるんです。

ホームランやトップをせずにバンカーショットを成功させる秘訣をチェックしていきましょう!

◆打ち込み厳禁!左に振り抜くのが正解です

砂を飛ばせばボールも飛びます

バンカーが苦手な人は打ち込む意識が強いのだと思います。上からドン!
の感覚が強いと、アウトサイドからクラブを下ろすことになり、ヘッドが砂に潜り込んでしまいます。 大切なのは砂を遠くへ飛ばすこと。これができればその砂の上にあるボールも同じように遠くに飛ばすことができるのです。

どうやると砂を遠くに飛ばせるか、その答えは、打ち込みにいかないことです。アウトサイドからではなく、インサイドからクラブを入れてインサイドに振り抜くようにしましょう。

ヘッドが砂に潜り込むことなく、サラッと砂を前に飛ばすことができます。アドレスでは左足8:右足2の体重配分にしておくこともコツ。この体勢のままスイングすれば、打ち込みにいかなくても、自然にヘッドが上から入るようになります。

インから下してインに振り抜くヘッド軌道がバンカーショットの基本。手元を体の近くに通し、腰をしっかり回転させよう

ダウンスイングで打ち込みにいくと、ヘッドが砂に潜り込んでしまう。これでは砂もボールも遠くへ飛ばせない

◆構え方を間違えると 出るものも出ません

【フェースの開き方】バンカー外でソールしてみましょう

フェースを開いて構えるほどソール面のバウンス角が大きくなり、砂を飛ばしやすい。フェースを開くのが苦手という人 は、バンカーの外でヘッドを地面につけてみよう。フェースが自然に開くはず。このフェース向きのままクラブを握れば、フェースを開いて構えやすくなる

◆左足だけ埋めて左足体重で構えてみましょう

左足8:右足2の配分でアドレスをつくる。スイング中はこの比率を変えないことがポイント。左足に重心がかかっていれば、自然に上から打ち込む体勢になり、ヘッドを上から入れることができる。 左足体重で構えておけば、ダウンスイングで打ち込みにいく必要がなくなる

【女性におすすめのレッスン】左目下に引いた線の先の砂を飛ばす!

バンカーショットでうまく脱出するには、砂を前に遠くに飛ばす感覚が必要だ。左目の下にラインを引き、そのラインの先の砂を遠くに飛ばす練習をしよう。腕の力で上から打ち込みにいくと、砂を飛ばすことができない。ドローボールを打つようにインからヘッドを入れるのがコツ。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.