【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは【左手首はまっすぐ固定!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

今回のポイントは、フェースをまっすぐにあてるためのコツ。左手首をまっすぐ固定することで、フェース面をコントロールできるんです。

◆バックスイング中「左手首は真っすぐ固定」でフェースが真っすぐ当たる!

ターゲット方向に真っすぐ飛ばすには、インパクトしたときのフェースの向きが重要です。 フェースを真っすぐにした状態でボールをとらえるにはどうすればいいのでしょうか?

じつは、スイング中の左手首の角度を意識することで、フェース面をコントロールできるんです。

トップで左手首が真っすぐになっていれば、そのままの状態でダウンスイングすればOK。フェースをスクエアにしてインパクトできる

【チェックポイント】右に出る人は甲側に折れているんです!

左手首が甲側に折れていると、フェースが開いた状態になってしまいます。このままインパクトすれば、ボールはつかまらず右方向にミスがでるんです

【チェックポイント】引っかけが出る人は手のひら側に折れている

左にミスする人は左手首が手のヒラ側に折れてフェースが閉じている可能性があります。また、インパクト前に手首をリリースしても左にミスがでる

◆ヘッドから動かすと左手首を固定しやすい

いつでも 80 台でプレーするには、 飛距離よりも方向性が大切です。ボディターンや切り返しでの軸の傾きなど、スイング中の体の使い方を覚えたら、次の段階では腕の動きをチェックしましょう。

真っすぐ飛ばすために重要なのは フェースの向きです。スイング軌道が大きくズレていなくても、インパクトするときにフェースが閉じていれば左、開いていれば右にボール が飛び出してしまうからです。

フェースを真っすぐ向けてインパクトするには、左手首の角度が大切になります。甲側に折れていればフェースは右、手のヒラ側に折れていればフェースは左を向くことになります。フェースを真っすぐ向けるには、左手首が真っすぐになっていなければいけません。

ポイントは、スイングの始動でヘッドから動かすこと。左手首が真っすぐになったら、そのままの形で固定。トップ、切り返し、ダウンスイング、そしてインパクトまで、この形をキープしてください。

左手首が真っすぐになっているかどうかは、トップの形をつくったときにチェックしてみましょう。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事