【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは【80台ゴルファーの必須スイングはコレ!】

100切りを目指すゴルファーや平均スコア90台のゴルファーの皆さんが、いつでも80台でプレーするためのコツを伝授する「いつでも80台で回るためのいろは」。教えてくれたのは、ツアーで活躍中の下川めぐみプロです。

【下川めぐみプロが先生】いつも80台で回るためのいろは バックナンバーをチェック

今回は、「80台をキープしたい!」というゴルファーの皆さんに意識してほしいスイングのポイントを教えてもらいました。

◆ポイントは【8割+ボディターン】。これで18ホール崩れません!

太い木の幹に沿って体を回すイメージです!

前回の記事で重要性をお伝えした『8割スイング』ですが、力加減をコントロールする大きなポイントがあるんです。

それは、腕の力に頼らないということ。体を回転させることを意識してスイングすることが重要です。

画像のように、背中に木の幹があるイメージを持つと、ボディターンがスムーズにできますよ。

◆調子が崩れてきたら手打ちの可能性大

8割の力加減でスイングするときに注意したいのが、『腕の力でコントロールしようとしない』ということ。手打ちスイングの原因になるからです。手打ちになるとミスショットが生まれやすくなるだけでなく、 調子を落とす原因になってしまいます。

手の力に頼らずにスイングするには、体をしっかり回すことが大切。バックスイングでは体を右に回しながら右足に体重を乗せ、ダウンスイングからフィニッシュにかけて は左に体を回して左足に体重を乗せていきます。

下川プロは、背中側に太い木があることをイメージして、その幹に沿って体を回すようにしているんだそう。 体重移動とボディターンがスムーズにしやすくなるのでオススメです!

【×】お尻を回す意識だと、体重移動がスムーズにできず、腰が引けたり、フォローで右足に体重が残りやすい

◆【女性向けLESSON】おへそをしっかり左右に回すべし!

おへそをしっかり左右に回しましょう!

非力な女性ゴルファーは、体を回そうとすると上体が起き上がってしまったり、左右にスエーしやすくなってしまいます。

そんなときは『おへそを回す』という意識を持ってみてください。お腹を意識することで、 自然に腕の力が抜けたスイングになりますよ!

スイング中はおへそに力を入れ、おへそを左右に 回す意識を持つこと。腕の力に頼らずスイングで きる

◆おへそを意識すると前傾をキープできる

おへそを意識すると前傾がキープできます

ダウンスイングで体が起き上がってしまうと手打ちになりやすいので注意が必要です。『おへそを回す』という意識を持つことで、前傾姿勢をキープしたままスイングしやすくなります。

◆このLESSONをもっと読みたい方はこちらをチェック!

好評発売中!『下川めぐみのステップアップLESSON いつも80台で回るための工夫

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.