スッキリ解決!ショートゲームのお悩みに答えます★【6】ロングパット攻略

ドライバーやアイアンの飛距離を伸ばすことは簡単にはできませんが、アプローチやパットなどのショートゲームなら、力のない女性でも“プロのように”打てる可能性は十分あります。女性特有のお悩みを一緒に解決していきましょう!

◆ロングパットになると距離も方向性もバラバラに…

イメージ/写真AC

ロングパットの距離感がつかめません。練習場ではなかなか芝の上で練習できないし、どうやったら長いパットを2パットで沈められる距離に寄せられるのでしょう?

◆テークバックで大きく振りかぶりすぎていませんか?

アプローチの距離感と一緒で、振り幅とかバックスイングの上げ方など、形にこだわり過ぎているとロングパットの距離感は合いません。目で見た感覚を重視すること。大事なのは、打ち出したい方向になにか目印を見つけて、そこを通すことに集中することです。

距離感が合わない女性に多く見られる傾向が、長い距離だからと思って、バックスイングを大きく取りすぎることです。大きく振りかぶってインパクトでゆるめてしまう。これでは良いコロがりの球は打てません。

バックスイングは大きくとらずに、インパクトの強さを重視する。すると、インパクトでフェース面が正しく当たり、自然と距離と方向性は合うようになります。

◆ここがポイント

前傾した状態から、両腕を真下に下ろした位置でグリップすると、腕が動かしやすく、インパクトのフィーリングも出ます。また、ヘッドが動きたい方向に動かしてあげることが、ストロークを安定させるコツ。目をつぶり振り子の動きを体感してみましょう。

※この記事は、Regina女性ゴルファーのためのスコアアップBOOKに掲載されたものを再編集したものです。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.