イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★第5回 フェースの芯を知っていますか?

男子ツアーでも1、2を争うイケメンの塩見好輝プロが、パッティングに悩みを持つ女性ゴルファーに贈る特別レッスン。

第5回のテーマはフェースの芯についてです。自分ではしっかりとストロークしているつもりでも、今一つボールの転がりがよくないと感じる人は、フェースの芯を外してストロークしていると考えましょう。

イケメンプロ・塩見好輝が女性のために教える ★超簡単にパットが決まる魔法のストローク★バックナンバー

ボールをフェースの上で弾ませてみましょう!

ボールがカップの前で急停止したかと思えば、カップを大オーバーすることがあったりしませんか? 傾斜や芝目、ストロークの強弱が影響していることもありますが、意外と忘れがちなのが“芯”の存在です。

フェースの芯でボールをとらえるとボールは思ったより転がっていきます。逆に、芯を外すとそれほど転がりません。このことをまず頭の中に入れましょう。

フェースの芯を外して打つと、予想以上にカップをショートしてしまいます

それではフェースの“芯”とはどこにあるのでしょうか。試しに、フェース面を上に向けた状態で、芯があると思われるところに、ボールを落としてみましょう。芯とそれ以外の部分とでは、ボールの跳ね方が明らかに違います。

芯の場所が判明したら、ヘッドの上部に印などをつけてみるのもいいでしょう。

フェースの芯ではボールが高く跳ねるが、それ以外の部分だとあまり跳ねません

フェースの芯でボールの赤道部分をヒットすることができれば、ボールの転がりは一気によくなります。このときの振り幅とそれに応じた転がる距離を把握することが正しい距離感です。

ただし、赤道部分を打ちたいからといって、アドレスでヘッドを浮かせる必要はありません。テークバックのときにヘッドを浮かせるようにしましょう。

アドレスではヘッドをソールしておき、テークバックのときにヘッドを浮かせていく

撮影協力/南総カントリークラブ

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.