ハイテクレッスンで 弱点が“見える化”する!

あまり上達できないアマチュアゴルファーの問題点のひとつとして、固定観念にとらわれたステレオタイプなレッスンがある。日々トレーニングを行なっているツアープロとは本質的に身体能力が異なるのは当たり前。そうすると、アマチュアならばその人が持つ柔軟性や体幹、運動能力を踏まえた効果的なレッスンこそ必要となってくるのだ。そういうわけで今、ブリヂストンゴルフガーデンTOKYOの「TOUR B Personal Method」という最新鋭のハイテク機器を使用したスペシャルメソッドが注目されているのをご存知だろうか。身体の可動域や柔軟性、身体能力を見える化し、最大限のパフォーマンスを目標としたスイングが身につけられてしまう。その秘密を探るべく、アマチュアゴルファーを代表して藤川由佳さんが体験してみることに!


体験者
藤川由佳(ふじかわ・ゆか)

プロフィール
ゴルフ歴4年。ラウンドは年に4回程度だが、練習は週1、2回という意識の高い33歳。小学生の時に卓球部に所属していた経験あり。ベストスコアは120とまだまだ発展途上なゴルフ女子。

インストラクター
PGA ティーチングプロB級
BSGA認定インストラクター
エキスパートフィッター

大森義彦(おおもり・よしひこ)

プロフィール
名門・日本大学ゴルフ部に進学し、選手としても活躍。その後、PGAティーチングプロのライセンスも取得。選手としてはもちろん、指導者としての目線も併せ持つ実力派インストラクター。

“駅チカ”でアクセスもいい!最高の立地で学べるハイテクレッスン

レッスンを受けた経験が少ないこともあり、実はドキドキの藤川さん。

ビジネスの中心街、東京・丸の内にあるインドアゴルフ「ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO」。JR東京駅から徒歩で約3分、東京メトロ「大手町駅」からも約1分とアクセスも抜群にいい。スタイリッシュな店内は仕事帰りのサラリーマンやOLたちにも人気である。アマチュアゴルファーたちの悩みを徹底的に改善してくれる、個人個人の身体能力に合わせた最先端のレッスンがあるということで、ゴルフ歴4年で練習好きの藤川さんが仕事帰りに「ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO」に立ち寄った。

身体の仔細な動きまでデータ化!これが最新モーションキャプチャー

ブリヂストン中央研究所と共同開発したTOUR B ConPAS(TOUR B Contribution Performance Analysis System)というシステムを使用し、スイング中のエネルギー変化を解析・可視化する! ※特許出願中

プライベート感のある個室スタジオに案内された藤川さん。まずは、現実の人物の動きをデジタル化するモーションキャプチャーという機器を身体の17箇所に装着。「これ、ハイテクすぎてドキドキしてます!」と藤川さんもすでに興奮気味である。装着後はさらに精度を高めるために、キャリブレーションを行い、調整を行なっていく。そして、いよいよドライバーショットへ。ここでは5球を打ち、スイングの動きやエネルギーの変化がどのようになっているか、事細かにデータ化する。クラブや床にもセンサーが付いているので、現状のスイングが良いも悪いも徹底的に見える化されるのだ。ただ思いっきり打っても恥ずかしくない個室なだけに藤川さんも「大森インストラクターと2人っきりなので、周りの視線も気にならないし、安心です♪」と楽しそう。

クラブ選択やコースマネジメントが問われるシミュレーションラウンドへ突入

ドライバーショットの計測が終わると、次はシミュレーションゴルフを使って3ホールのラウンドへ。「全体的にショットの距離や方向性が安定しないのが悩みなんです。ドライバーは130ヤードくらいしか飛ばないし」ということだったが、とりあえずラウンドがスタート。大森インストラクターいわく「このシミュレーションゴルフを使ったラウンドではご本人のクラブ選択、コースマネジメントを踏まえたゴルフスキルが分かります。今後の課題を見つけるためにも実践力のチェックは重要です」とのこと。最近、ゴルフ以外はほとんど運動をしていないという藤川さんだったが、持ち前の思い切りのいいスイングで何と最初のドライバーショットで170ヤードをマーク。しかし、2ホール目は同ショットで128ヤード。やはり本人の言う通り、当たり外れがあり、安定しないのが見受けられた。あとはショートゲームにも手こずり、ラウンド慣れしていないところが出てしまったようだ。「実際のラウンドでもこんな感じなんです……」と藤川さん。3ホール終了後には大森インストラクターからのコースマネジメントに関するレクチャーを受けていた。

コンディショニングチェックで可動域や柔軟性が分かる!

約20分間のシミュレーションゴルフによるラウンドの後には、フィジカル面のチェックへ。「R-body project」の研修を受けた大森インストラクターによる7項目の動作パターンをそれぞれ3点満点でテストして行く。可動域や柔軟性、そして筋力に最適なスイングを手に入れるために、自分の身体のコンディショニングを知ることはゴルフスキルを向上させるために大切なことだ。こういったところも「TOUR B Personal Method」が一般的なレッスンとは大きく異なる点である。21点満点中14点以上が合格ラインだが、生まれもって柔軟性の高い、藤川さんはなんと18点と高得点をゲット! 「柔軟性はかなり素晴らしいです。強いていえば、右足の股関節、胸椎がやや硬い。あとは適度に筋力トレーニングをしていけば、悩みの飛距離もカバーできるでしょう」と大森インストラクターも藤川さんの身体の柔らかさについては大きく評価。コンディショニングチェックが終わると、硬さが気になった胸椎や股間節部分の可動域をより入念に調べて原因を探っていく徹底っぷり。この細やかさ、素晴らしいとしか言いようがありません!

まさにオートクチュール!課題が見える最適なカリキュラム

実技がすべて終わり、いよいよスイング解析、そして藤川さんに最も効果的なレッスンカリキュラムが告げられる。「右手から始動していて、手打ちになってしまっています。それによってインパクト時に動きが止まってしまうのがもったいないですね。体全体、腰を使ったスイングに修正していきましょう。あとは体幹トレーニングも加えていけば、持ち前の柔軟性を使って飛距離もアップできますし、ボールの方向性も安定してきます」と大森インストラクター。「エネルギーの変化まで分かるなんてスゴいですね。ただ動画で自分のスイングを見るより、圧倒的にどこが悪いかが理解できました。柔軟性を活かしたスイングでもっと飛ばせるとアドバイスを頂いたのでそれを信じて、これからも〈TOUR B Personal Method〉を続けて行きたいと思います」と藤川さんは満足げに語ってくれた。こうして、あっという間の110分のスイング診断が終了したのだった。

近藤智弘プロ スイングパワーメーター【動画】

 

藤川さん スイングパワーメーター【動画】

 

ブリヂストンスポーツ TOUR B パーソナルメソッドはこちら!

スタッフクレジット
写真/田畑誠一郎 文/高橋真之介

お問い合わせ先 ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

住所
東京都千代田区丸の内1丁目6番1号丸の内センタービルディング 1階

TEL
03-5218-1011 受付対応時間 営業時間中
営業時間
平日 10:00~22:00
土日 10:00~18:00
定休日
祝日
交通案内
【電車でお越しの方】
・JR「東京駅」 丸の内北口徒歩3分
・東京メトロ東西線「大手町駅」B2b出口 徒歩1分
【お車でお越しの方】
当ビルの地下に駐車場がございます。(有料)

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.