勝みなみプロ パットに自信がもてる打つ前のルーティンとは

カップの向こう側&ヨコのライも見て、距離と傾斜をじっくり観察

トッププロは簡単にパターを入れているように見えるけど、それは時間をかけてじっくりとライを見ているから。平均パット数が女王鈴木愛プロに次ぐ2位の成績ながら「実はいちばん苦手なんです」と、勝プロ。「ショットはコース内にあればいい。勝負はグリーン上。すべてパットで決まります。打つ前に、距離と傾斜を観察して打ち出す目標を決めることが大切です。」そんな勝プロの打つ前のルーティンを学べば、自分のパットにも自信が持てるようになりますよ!

【Routine1】ボールのうしろからカップを見る

距離感をイメージします

距離感をイメージします

【Routine2】カップまで歩測する

【Routine3】カップの反対側から傾斜を見る

上りから下りかをチェック

上りから下りかをチェック

【Routine4】ヨコのラインから傾斜を見る

タテのラインだけじゃわからないですよ

タテのラインだけじゃわからないですよ

【Routine5】ラインに近づきスパット(目印)を確認

芝の色などで打ち出す方向に目印を見つけましょう

芝の色などで打ち出す方向に目印を見つけましょう

【Routine6】再度ボールのうしろに立ち距離感をイメージしながら素振り

【Routine7】アドレス位置に立ってフェースラインを合わせる

フェースのラインとボールのラインを合わせます

フェースのラインとボールのラインを合わせます

【Routine8】グリップしてスタンスをとったらもう一度スパットを見る

カラダは動かさないように

カラダは動かさないように

【Routine9】素振りをせずそのまま打つ

あとは自分を信じて打ち出すだけ

あとは自分を信じて打ち出すだけ

私の1歩は90センチです。
みなさんも自分の1歩の距離をきめて歩測しましょう!

 

おすすめの記事