美女ゴルファー・遠藤璃乃が実践!正しいスイングが身に付く練習法って?【Team Regina】

ゴルフが好き、おしゃれが好き、キレイが好き……。そんな女性をズームアップ。いつもキラキラしている彼女たちの、ゴルフやライフスタイルのこだわりを聞いてみました!

プロテスト合格を目指し、ゴルフ力を磨き続けている遠藤璃乃さん(27)に、おすすめのスイング練習器具と、こだわりのクラブセッティングを教えてもらいました。

◆家でもできる!シンプルだけど正しいスイングが身につきます!

遠藤璃乃さん愛用の練習器具

私がいつもキャディバッグに入れて持ち歩いているのが「フレループ」という、シャフト部分がカーブしているスイング練習器具。

力を入れず、ゆるく握って大きく連続素振りをすると、スイングの正しい軌道が体感できるんです。カンタンなようですが、手打ちスイングだと、連続して振れないんです。

肩の回し方、腕の上げ方、手首の使い方がしっかりできると、連続して振れる。正しいカラダの使い方が自然と身につくんです。

また、フォローで自然にヒジがたためるようになるので、スライスが出やすい人にもおすすめです。練習時やスイングに迷ったときはこれを使い、確認するようにしています。

〇 正しくカラダを使えると、違和感なくきれいに振れる

× カラダをうまく使えないと、きれいに振れない

◆スピンが効いて止まるアイアンが武器!4番まで入れてます

遠藤璃乃さんのこだわりセッティング

・ドライバー ピン G410 + 9度  シャフト スピーダー569 エボリューションVI S
・3W プロギアRS シャフト ディアマナBF 50 S
・5W プロギア RS シャフト ディアマナBF 50 S
・4H  プロギアRS シャフト ディアマナ BF 50 S
・4I ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・5I ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・6I ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・7I ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・8I ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・9I ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・PW ピン I210 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・ウェッジ 52度 アクシス ゴルフ Z3 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・ウェッジ58度 アクシス ゴルフ Z3 シャフト N.S.プロ 950GH neo S
・パター オデッセイ ホワイトホットXG  #7H

好きなクラブは3W。プロギアのRSは飛距離も出るし、ラフからでも打ちやすい設計なので、とても重宝しています。ドライバーは、ピンのG410。このヘッドにして、安定性がとてもよくなりました。“飛距離よりも安定感がほしい!” という方にオススメです。

よくめずらしがられるのは、女子にはなかなかいない、4番アイアンを入れていること!

私は背が高く、ダウンブローに打つタイプのスイングなので、アイアンが得意。4番でも難しく感じず、打てるんです。それに、ウッドやハイブリッドよりもスピンが効いて、グリーン上で止められるので、アイアンのボリュームを多くしています。

ウェッジはアクシス ゴルフを使用。アプローチが上手な大槻智春プロが使用している地クラブ(大槻プロはZ1を使用)ブランドです。アプローチがうまくなりたくて、マネして使ってみたところ、凄くスピンが効いてピタッと止まるボールが打てるようになりました。

ちなみに、グリップは、イオミックの「Sticky Opus3 1.8」。レッド、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、スカイブルー、ブルー、ネイビーと、並べると虹色になるように装着。かわいくて、気分が上がります♪

撮影/竹井美砂子 取材・文/たかはしよし子

遠藤 璃乃

PROFILE
遠藤 璃乃(えんどう・りの)/1994年生まれ、東京都出身。170cm。埼玉栄高校卒業後、アメリカへゴルフ留学。リディア・コ選手などLPGAのトッププロを指導するゲーリー・ギルクリストコーチに習う。PGA of America Playing Ability Test (PAT) 合格。ドラコン日本一決定戦 L-1グランプリ優勝(294ヤード)。TPI(Titleist Performance Institute)も習得。ベストスコアは67。PGM「With Golf」、「バリューゴルフレッスン」からレッスンを申し込めます。