憂うつな雨のラウンドを楽しむ鉄則って?【匿名キャディが教えます】

こんにちは、匿名キャディの「かこみらい」です。じめじめした梅雨シーズンが到来し、雨の中でのラウンドが多くなりますね。雨が嫌いなのはキャディも同じ。土砂降りの日はキャディ室で「今日のラウンドキャンセルにならないかな~」なんて不謹慎な妄想を膨らませていることも・・・。

今回は、雨の日のラウンドも楽しく過ごしたい女性ゴルファーの皆さまへ、快適にプレーするためのおすすめアイテムをご紹介していきます。

「キャディさんに見られてる!“こんなゴルファーはイヤだ!”と思われるNGマナー」バックナンバーをチェック!

イメージ画像/Getty Images

ゴルフ女子の皆さんにとって、雨の日のプレー中に特に不快に感じることはどんなことでしょう?「滑ってしまって怖い」「濡れてテンションが落ちる…」「プレーが普段通りにいかない!」などなど、いろんな声が聞こえてきそうです。

プレー中に滑って困るのはグローブ。どんなに練習しても、クラブが滑って、最悪飛んで行ってしまったりしたら大変です。

キャディとして働いている間にも、 グリップやグローブを何度も拭いているゴルファーをたくさん見てきました。ポケットにタオルを忍ばせたり、レインウェア袋やビニール袋を利用してグリップをカバーしたりと、皆さん様々に工夫をされていました。もちろんキャディ自身も首からグリップカバーをかけ、グリップが濡れないような受け渡しを心がけますが、雨の日に少しも濡らさず過ごすというのは難しいことです。

そういうときのために、雨天対応のグローブはおすすめです。抜群のグリップ力を備えているので、安心してスイングでき、いつもと変わらないショットが打てるはず。水分に強いので、梅雨に続く真夏のラウンドで汗をかいても問題ありません。

雨が降ると濡れたり泥ハネで汚れが付くのは当たり前ですが、できるだけお気に入りのウェアはキレイに保ちたいもの。 レインウェアを着たり脱いだりは手間がかかるので、少しの雨なら撥水加工された薄手の羽織ものを利用するのも◎。

ただし、やはり本格的な雨の日にはゴルフ用レインウェアを着用するのが、おしゃれで上手な女性ゴルファーのたしなみです。ゴルフ用のレインウェアは高価なものも多いですが、ゴルフ用ならではの機能がもりだくさん!

一般的なレインウェアに比べて、防水性・撥水性が高いのはもちろん、軽やかで通気性がよく、体に張り付いて不快に感じることがありません。パッティングの際にグリップが引っ掛かりにくく、ウエストがたわまないように絞れる機能や、レインウェアの中に着ているボトムスからティやボールを簡単に取り出せるよう、ゴルフウェアに貫通する「スルーポケット」がついているなど、便利機能が満載。 機能性重視なら個人的にはアパレルブランドやアウトドアブランドよりも、ゴルフメーカーのものが断然おすすめ。

そして、持っていると重宝するのが、ゴルフ用のレインハット。普通のキャップやバイザー、そしてレインキャップよりも、ハットのほうが視野を確保でき、なにかと便利です。立体構造で水がサイドに流れるような帽子も。普通のキャップでは雨水がポタポタと落ちて、アドレスの邪魔になってしまうこともあるので、要注意です。

キャディバッグやクラブを雨から死守したいという方には、「レインスカット(ゴルフバッグ用のレインカバー)」というアイテムもありますので、ぜひ活用してみてくださいね。

雨のラウンドを楽しむためには、準備も重要。でも、ばっちり対策をすればいつもと同じように目いっぱい楽しめるものです。ゴルフ女子の皆さん、次のラウンドまでに何を買い足しますか?

◆【教えてくれたのは】匿名キャディ・かこみらいさん

某有名トーナメントコースの元キャディ。自分でプレーするのも大好きで、ゴルフギアには一家言あり。趣味は車で、Bライセンスを取得するガチっぷり。歴代アメ車を所有し、エンジンルームを眺めているだけで一日が終わってしまうほど。ゴルフ、クルマなどの知識を活かし、現在はライターとして活躍中。

おすすめの記事

  
 
 

Recent articles 最近の記事

Recommended articles 注目記事

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.